【ビジネスマナー】 定番の1冊はこちらから 👉

前置詞 beyondのイメージと使い方【例文あり】

beyondの基本イメージは「遠く離れて越えていく」でして、そこから意味は「〜の向こうに」「〜を越えて」となります。

前置詞 betweenのイメージと使い方【例文あり】

betweenの基本イメージは「あいだに立つ」でして、そのまま意味も「〜のあいだ」となります。

前置詞 behindのイメージと使い方【例文あり】

behindの基本イメージは「あるものの後ろ」でして、そこから意味は「〜の後ろに」「〜より遅れている」となります。

前置詞 beforeのイメージと使い方【例文あり】

beforeの基本イメージは「順序が前」でして、そこから意味も「〜より前」になります。

前置詞 atのイメージと使い方【例文あり】

atの基本イメージは「点」でして、そこから意味は「〜に「」〜で」などとなります。

前置詞 aroundのイメージと使い方【例文あり】

aroundの基本イメージは「ぐるりと回っている」でして、そこから意味は「〜のまわり」となります。

前置詞 amongのイメージと使い方【例文あり】

amongの基本イメージは「大群の中にいる」でして、そこから意味は「〜のあいだ」「〜の中」となります。

前置詞 againstのイメージと使い方【例文あり】

againstの基本イメージは「ぶつかり合う」でして、そこから意味は 「反対」「対立」「対照」となります。

前置詞 alongのイメージと使い方【例文あり】

alongの基本イメージは「同じ方向に進んでいく」でして、そこから意味は「〜に沿って」となります。

前置詞 afterのイメージと使い方【例文あり】

afterの基本イメージは「後ろからついていく」でして、そこから意味は 「〜のあとで」「追いかける」「まねる」となります。

前置詞 acrossのイメージと使い方【例文あり】

acrossの基本イメージは「横切る」「交差する」でして、意味もそのまま「横切る」となります。

前置詞 aboveのイメージと使い方【例文あり】

aboveの基本イメージは「ある基準より高い(上)位置にある」感じでして、そこから意味は「〜より上」「〜を超える」となります。