【英語検定2級】ライティング対策・書き方【最強テンプレート紹介】

英検2級で出題されるライティングの攻略ポイントを大公開!

副詞 outのイメージと使い方【例文あり】

outの基本イメージは「外」でして、そこから意味は 「外へ」となります

副詞 upのイメージと使い方【例文あり】

upの基本イメージは「上」でして、そこから意味は 「上へ」や「起き上がって」となります

【英検対策】ライティングの突破方法【必要なポイント4選】

これから英検のライティング対策を始めようと考えている方は必見です。

副詞 awayのイメージと使い方【例文あり】

awayの基本イメージは「遠ざかる」でして、そこから意味は 「離れて」となります

前置詞 ontoのイメージと使い方【例文あり】

ontoの基本イメージは「到達して接触」でして、そこから意味は 「〜の上へ」「〜にくっつく」となります

前置詞 withoutのイメージと使い方【例文あり】

withoutの基本イメージは「無関係」でして、そこから意味は 「〜なしで」となります

【Google×QRコード】生徒・保護者に資料を共有する最強術【方法を解説】

クラウドサービスとQRコードを使って、情報共有術を紹介します。これで保護者にも、スマホで簡単に学校資料を確認してもらえます。

仕事で差がつく自己投資術【デキる人・デキない人の違い】

とにかく周りと差をつけるためにも自分への投資が必要です👉

【リモート授業】YouTube利用で授業開始!【やり方紹介】

テレワークの時代。我々もリモートで授業をする時がやってきました。YouTubeを使えば、自宅学習の生徒たちに授業動画を配信することが可能になります。動画を投稿で、生徒の登校不要です。

【スタバから学ぶ!!】教室掲示物の作成術【サンキューカードの作り方を紹介】

教室の掲示物を作る際に、スタバのシステムは参考になります。今回は「サンキューカード」のシステムを、教室内でもやってみることにしました。作成方法・使用方法について解説します。

学級崩壊は新学期の3日間で決まる【原因と対策をポイント解説】

「黄金の3日間」という言葉を知っていますか?この期間の重要性を知らなければ、簡単に学級崩壊・授業崩壊を引き起こします。崩壊の避け方を解説します。

【教室の掃除】ワックスがけで床をピカピカにしよう【方法・注意点】

教室のワックスがけの方法・注意点を紹介します。次に使う人たちに気持ちよく使ってもらうために、1年間使った教室をキレイに整備しましょう🧹

【脱・訳読式!】オールイングリッシュ授業の方法【ポイントを解説】

オールイングリッシュ授業の方法について解説します。これを読めば、誰でも英語授業を英語でできるはずです👍

英検面接官になるための手順【解説します】

どこにも詳しく紹介されていない「英検面接官」になる方法を紹介! これであなたも「英検面接官」になれること間違いなし!🕴

YouTubeで動画配信開始!

YouTube始めました。これからは動画でも情報を発信していきます!現在は身バレ防止のため、金髪グラサンで超怪しい感じになってますが、応援していただけると嬉しいです🤗

【臨時休校の現場を救う】無料オンラインサービスを提供してくれる「EdTech企業」【まとめ】

臨時休校中に無償でオンライン教育を提供してくれるサービスって結構あるんですね...良い世の中😊

新教科名の英語表記一覧【まとめ】

平成29・30年の学習指導要領改定に伴い、科目名がいくつか変わりますので、新学習指導要領の新教科・英語表記をまとめてみました👍

大学受験突破のための英語勉強法【ロードマップ】

これから大学受験に向けて英語を勉強したいけど、何から手をつければわからない...そのような方のための記事です👍

【速報:2020年大学一般入試】後半戦に向けて【今年も厳しめ】

2020年のセンター試験を振り返り、そこから見えてくる今年度の動向と後半戦に向けた準備について解説

学級通信のネタ一覧【日本語・英語テンプレートあり】

日本語と英語の学級通信を毎週欠かさず作成しています。これまで私が書いてきた「学級通信のネタ」を紹介しますので、使えるものがあったらコピペし、どんどん活用してみたください。

学級通信を英語で作るポイント【タイトル例あり】

学級通信を一から英語で作るのはかなりシンドイので、海外大学の大学通信を参考にしましょう。「新聞っぽく」よりも「作文っぽく」を意識します。英語の学級通信を配布することで、生徒が英語に触れる機会が増える上に自分自身の英語力も向上しますので、トライしてみてはいかがでしょうか。

学級通信をデザインする【世界に1つだけの学級通信の作り方】

パソコン苦手だけど、それっぽい学級通信を作りたい。そのような方でもデザインできるように、学級通信をデザインする方法について解説しています。

学級通信の作り方【テンプレートあり】

学級通信って予定の確認という意味でも、非常に重要なツールですよね。学級通信を作りたい!と思っても、誰も作り方なんて教えてくれません。そこで、学級通信を作り続けてきた私が、使い回しのきくテンプレートを用意しました。

クラスをデザインする【学級運営の方法】

教室にいる誰もが居場所を感じ、学校に来ることが楽しいと思える環境を作る。 これが私の学級運営の軸になっています。

英検は取る意味ない?英検1級を合格して感じたこと。

ついに英検1級に合格できました。会話で使う単語がレベルアップ、以前よりも英語が流暢になった、洋書を読むのが楽しくなったなど、実際に私の英語ライフは変化しつつあり、英検をとって良かったなと強く感じます。

英語検定を受検するメリットとは

受験生であれば一度は英検のメリットについて考えたことがあるはずです。自分の英語力を試せるいい機会ですし、うまくいけば大学入試に活用できますので、受験生は英検に挑戦することをオススメします。

【現役高校教師が語る】英検1級合格の3つのポイント【勉強法も紹介】

結論から言うと、①毎日コツコツ勉強を重ねる、②目標を持ち続ける、③英検を受け続けることが重要です。

【ロサンゼルス旅】オススメ観光スポット【注意点も紹介】

最高すぎた旅行ですが、いくつかトラブルもありました😥

前置詞 withinのイメージと使い方【例文あり】

withinの基本イメージは「範囲内」でして、そこから意味は 「〜以内に」となります

前置詞 withのイメージと使い方【例文あり】

withの基本イメージは 「一緒に」「もっている」です。