【高校教師の1日】朝から帰宅までの仕事の流れを教えちゃいます


教員の仕事は毎日が忙しく、1週間があっという間に過ぎていきます。

教員の仕事は授業だけではなく、授業以外の部分で多くの時間を費やしています

ちまたでは「教師はブラック」だとも言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

現役高校教師である私が、高校教員の1日の流れと仕事内容について説明します

本記事の内容
  1. 高校教師の1日のスケジュールと仕事内容
  2. 番外編:よくある質問
  3. まとめ:教員の仕事は忙しく、ちょいブラックです【悲報】

高校教師の1日のスケジュールと仕事内容

高校教師の1日のスケジュールと仕事内容

高校教師の1日は、こんな感じです。

時 間 帯仕 事 内 容
~ 8:20朝の仕事はさまざま
8:20 ~ 8:35職員打ち合わせ(朝会)
8:35 ~ 8:45朝の SHR
8:45 ~ 12:35午前授業【1〜4限】
12:35 ~ 13:20昼休憩
13:20 ~ 15:10午後授業【5〜6限】
15:10 ~帰りの SHR
15:20 ~ 15:30清掃監督
15:30 ~放課後

詳しく紹介していきたいと思います。

~ 8:20 朝の仕事はさまざま

朝は勤務時間外なので、基本的に何をするのも自由です。

先生方は、だいたい次のようなことをして過ごしています。

  • 授業準備
  • 書類処理・文章作成
  • 部活指導
  • 朝学習監督・補講
  • 生徒呼び出し・個人面談
  • 行事準備
  • 登校指導(立ち番)
  • 読書
  • 自分のための勉強

朝の打ち合わせ(朝会)が始まると、いきなり忙しくなるので、朝のうちに授業の支度は済ませておきたいです

私の場合、大体7:00までに学校に行き、授業準備・プリント作成などをしています。

準備が終わったら、英語資格取得のための勉強です。

学校全体に関わる仕事を振られることがあり、朝学習の監督、登校指導をしなければいけないこともあります。

8:20 ~ 8:35 職員打ち合わせ(朝会)

朝会は、「①全体打ち合わせ」「②学年打ち合わせ」の2部構成になっています。

 ① 全体打ち合わせ

その日の、学校全体に関わる連絡があります。

各クラスで連絡しなければならないことを教頭先生が短く・簡潔に述べるので、担任は聞き漏らさないようメモをとることに必死です。 

同時に、部活動の大会結果報告や、冠婚葬祭の連絡、新着任の挨拶などもこの場で行われます。

なお、挨拶が不安な方はこちらの記事を参考にしてください。

連絡黒板に同じことが書かれているので、打ち合わせ開始10分前くらいには職員室に行き、あらかじめメモをとっておくことがオススメです。

ポイント💡

打ち合わせ開始10分前までに連絡黒板を確認し、メモをとりましょう

② 学年打ち合わせ

学年毎にその日の動きが違います。

ここで大切なのは、「報・相・連」の徹底です

各クラスの出席状況、注意したい生徒(病欠気味、日常態度など)、提出物の回収、配布物の確認など、さまざまな情報を共有してください。

とにかく他教員と足並みを揃えることが大切ですので、「自分だけが知っている」という状況は避けましょう。

ポイント💡

報・連・相を徹底する
さまざまな情報を共有しましょう

③ ホームルーム(HR)へ移動

学年打ち合わせまで終われば、担任はすぐに自分のクラスに行きます。

朝会が長引いた時は、ダッシュで教室に向かうこともあります。

副担任もその間、休んでいるわけにはいきません。職員室や教室の前に立って登校指導を行います。

8:35 ~ 8:45 朝の SHR

高校の SHR(Short Home Room)は本当に短いです。

10 ~ 15 分で、済ませなければいけないことがたくさんあります。

  1. 挨拶
  2. 出欠確認
  3. その日の流れ確認
  4. 朝会の連絡事項を連絡
  5. 提出物回収・呼かけ
  6. 生徒の呼び出し

通常日課であれば「③ その日の流れ確認」は手短に済ませることができます。

しかし、学校行事や健康診断があったりで、変則的な日課の場合は確認しなければいけないことが満載になります。

欠席者がいれば、朝のうちに家庭へ連絡をしなければいけません。1限が始まる前に全てをこなすことが、担任としてのミッションです。

ポイント💡

1限が始まる前に、確認事項を全て終わらせましょう

8:45 ~ 12:35 午前授業【1〜4限】

授業は、教員の本職とも言える仕事ですね。

朝の慌ただしい時間を過ごしたら、すぐに授業が待っています。

朝会が終わってから授業の準備をしては間に合いませんので、授業の支度は「朝の時間」・「前日の退勤前」までにを済ませた方がいいです

なお、次の記事では「授業に役立つ道具」をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

ちなみに、どんなに授業が午前中に詰まっていたとしても、最大3時間が基本です。

1限:授業  1限:授業
2限:授業  2限:空き
3限:空き  3限:授業
4限:授業  4限:授業

3時間連続で授業を行うのは稀ですね。

空き時間があっても、授業準備・回収物の確認・教科会議などが行なわれるので、とても慌ただしいです。

なかなか、ホッと一息つくことはできなそうですね…

12:35 ~ 13:20 昼休憩

高校では給食がありません。

生徒たちは各自お弁当を持参して、教室内に限らず好きな場所でお昼を楽しみます。

この間も、先生方は仕事に追われていたりします。

昼にしていること
  • 授業の質問対応
  • 委員会活動(時々)
  • 生徒呼び出し
  • 生徒個人面談

放課後の時間を避け、昼休憩中(特に13:00から)に委員会活動・生徒の呼び出しを行うことが多いです。

そのため、昼食のタイミングを逃してしまうこともあるので注意です。

昼食後は必ず歯磨きをしましょう。(生徒は臭いに敏感です)

ポイント💡

昼食は食べられるうちに食べておきましょう。歯も必ず磨きましょう。

13:20 ~ 15:10 午後授業【5〜6限】

学校によっては、7限目(15:20 ~ 16:10)まであることがあります。

7限の授業では、生徒も教師もどちらも疲れ切っているので、授業をするのがなかなか大変です。

15:10 ~ 帰りの SHR

帰りの SHR(Short HomeRoom)では次の日の流れや提出物の締め切りなどを、再度連絡します。

時には、他教科の先生から小テストを返却したり、1日の反省を共有したりします。

15:20 ~ 15:30 清掃監督

清掃の時間・方法は学校によって異なります。

その① SHR 前に清掃 → 全員清掃
その② SHR 後に清掃 → 分担清掃

教員は各エリアを分担されていますので、生徒がサボらないように毎日監督する必要があります。

15:30 ~ 放課後

これで 1 日の業務が終わると思いきや、ここからがまたボリューム満点です。

定時に帰るなんて、なかなかできません。

① 出席簿・学級日誌の整理

担任は、出席や欠席の情報をその日のうちに出席簿にまとめます。

学校を休んだ生徒には、帰りの SHR 後に家庭へ連絡をして、体調を聞いたり次の日の連絡事項を伝えたりします。日直が作成してくれた日誌にコメントを書くことも忘れずに。

ポイント💡

出席の管理と学級日誌の整理は必ず行いましょう

② 職員会議

月に最低1回開かれます。今後行なわれる学校行事の詳細を確認します。

また、ガイダンスや講演会を企画・実施するには、職員会議で提案をし、教員から承認を得なくてはいけません。長くなれば定時を超えることもあります。

③ 臨時職員会議

生徒が暴力・暴言・不正行為などの問題行動をとった際に、臨時職員会議が開かれます。

ここでは、問題行動をとった生徒の処分を決定します。学校に寄っては頻繁に臨時職員会議が開かれることがあります。

④ 学年会議

1、2週間に1回開かれます。

この会議では、クラスの生徒状況(欠席・素行・成績など)や、その月の行事の詳細を確認することがほとんどです。

2年生になると修学旅行に行くと思いますが、こういったビックイベントについても学年会議の中で話し合い、決めていきます。

⑤ 委員会活動

不定期で行なわれます。それぞれの校内分掌で忙しい時期が異なります。

1回も開かれることがない委員会もあれば、週1回のペースで活動しなければいけないものもあります。

なお、校内分掌について知らない方は、こちらの記事を一読にしてください。

⑥ 補習・補講

進学校では、朝や放課後の時間を使って補講をすることがあります。

自分から進んで実施する分には負担も少ないと思いますが、学校の方針で半強制的にやらなければならない状況ですと、苦しく感じます。

⑦ 部活指導(ブラック部活動問題)

部活指導は、ほぼボランティアです。

問題点
  • 勤務時間外での労働
  • 休日・祝日がなし
  • 専門外の指導
  • 部活離婚

このような問題があるわけですが…

私の場合、前は19:00まで部活を指導していました。趣味の一部だったので苦に感じずできましたが、やりたくない人にとってはかなりの負担だと思います。

なお、「部活動がどうしても負担だ…」という方は、こちらの記事を参考にしてください。

⑧ 授業準備

全ての業務が落ち着き、ようやく授業の準備に入ることができます。

最近では「アクティブラーニング」(生徒が能動的に学習するスタイルのこと)という言葉が流行っていますが、授業スタイルに凝りすぎると毎回の授業準備が激務に変わってしまいます

準備の負担を少なくするため、授業ではできるだけ次のことを意識してください。

  • 他の先生と共通プリントを使う
  • プリントは簡潔に・必要最低限なものだけ
  • 毎回同じような流れで実施

一人で全部を用意しようとするとパンクします。協力し合う姿勢が大切です。

ポイント💡

周りと協力することで、負担がグッと減ります

なお、こちらの記事で「仕事の時短術」を紹介していますので、仕事に追われる毎日でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

番外編:よくある質問

高校教師の仕事:よくある質問

教員の勤務時間は? → 7時間45分です

基本は 8:20 ~ 16:50 (休憩時間 45分)の、7時間45分です。

ですが、実際は人によって異なりまして…
私の場合、7:00に出勤し、19:00まで部活を指導して退勤です。
つまり、12時間くらいは学校にいることになります。

前日中に翌日の授業準備を済ませ、部活指導もソコソコに…という方であれば、もっと実働時間を短縮することができます。

詳しくは、こちらの記事で方法を解説しています。

プライベートな時間はとれるのか → 自分次第です

完全に自分次第です。自分から時間を作ろうとすれば、いくらでも時間が作れます。

ですが、部活動を任されると土日がほとんど潰れます。のめり込んでしまえば、プライベートの時間を確保することが正直難しいです。

授業準備が間に合わない → 「効率」を意識しましょう

毎日が忙しくて「授業準備が間に合わない」と嘆く方が多いです。

そういう方は、「いかに効率よく働くか」「無駄な時間を短縮できるか」を意識して働く必要があります。

詳しくは、先ほども紹介した記事を参考にしてください。

高校教師はラクそう? → いいえ、きついうえにしんどいです

教育現場を知らない方は、「高校教師=ラクそう」という印象を抱きがちですが、実際はかなりキツイです。

教育実習生を控えている方は、覚悟を持って臨んで下さい。

きつくてしんどくて、仕事も回らなくて死にそうな方は

自己流の働き方はさっさとやめて、教師の時短術【個人で出来る学校の働き方改革】を読みましょう。

まとめ:教員の仕事は忙しく、ちょいブラックです【悲報】

教員の仕事は、授業以外の業務が多くの割合を占めています。突然会議が入ったりしますので、自分のリズムで仕事するのはなかなか至難の技です。

「授業が好き」、「子供が好き」だけでは決して成り立たない職業です。

教育実習で良い思いができたからといって、「教員を目指そう!」と安直に考えるのは絶対にやめましょう。教育実習では職場の雰囲気を感じることができるだけで、本当の忙しさを味わうことはできません。

実際の負担は、教育実習の10倍くらいあると認識してほしいです。

教員の仕事は残業ありきだと分かったと思いますが、現在、この「教員の残業」が問題になっています。詳しくは給特法をチェックしてください。


人気記事
仕事で差がつく自己投資術【デキる人・デキない人の違い】
人気記事
Amazon prime の学割がお得すぎる!メリット・デメリットをわかりやすく解説!

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow