【新任教員】挨拶で好印象を与える超基本ポイント【実例つき】


新任教師

「明日は新任先での初出勤日だ…」
「人前で挨拶をするのは慣れてないな…」
「ベテラン教師の前で挨拶は緊張するな…」
「こんな時はどういうことを言えばいいのかな…」

教育実習

「明日から教育実習が始まる…」
「自己紹介は何を喋ろう…」

このような悩みを解決します。

教員になると、あらゆる場面で挨拶や自己紹介の機会があります。自己紹介や挨拶って基本さえ押さえれば80点のものが出来るはずですが、何も考えずに失敗する人って多い気がします。

私自身、何度も挨拶をしてきましたし、他の教員の挨拶や自己紹介も正直飽きてしまうほど聞いてきました。

内容の面白さや独自性も大事ですが、基本さえ押さえた挨拶さえ出来れば十分(テストでいうと80点くらい)だと思っています。しかし私の経験上、何も考えずに挨拶・自己紹介する先生が非常に多いです。結果として、第一印象があまり良くありません。

新着任や離退任式等の挨拶がひどい場合、聞き手側で「なんだよ、あれ」と反応する人がいます。中には、舌打ちをする人も。そんな露骨に嫌な感じを出す人にはなりたくないですが、実際、一定数存在するのが現実です。

そこで、第一印象で悪い印象を与えないための(むしろ好印象を与えるための)ポイントをまとめます。

本記事の内容
  1. 第一印象を良くするための最低限のポイント
  2. 第二印象で全てが決まる
  3. 場面に応じた適切な挨拶文【例文付き】
  4. まとめ

第一印象を良くするための最低限のポイント

始めの印象で好印象を持たれるには、「ハキハキ」とした態度でいることが望ましいです。

でも自分はそういうタイプじゃないなぁ…という方も心配無用!

次の内容を意識して挨拶・スピーチに臨むと、印象がガラッと変わりますよ。

①姿勢良く、直立を意識

人の第一印象は6秒で決まるとよく言われます。

立つ姿勢で損をしないようにしましょう。軽く胸を張り、顎を引き、両かかとをつけると良い姿勢になります。

猫背はNGですので、気をつけましょう。

②表情は柔らかく

緊張すると表情が強張ってしまいがち。

それでも、少し口角を上げ、笑みを浮かべられると硬い表情を取り除くことができます。

怠そうな表情や、睨むような表情はNGです。

③声は大きく

新しい先生の挨拶に対するダメだしの大体は、挨拶するときの声が小さいことです。

どんなに穏やかな教員でもイラっとしています。職員室は広いので、前後左右の壁に自分の声をぶつけるつもりで挨拶しましょう!

はじめのうちは、以上3点(姿勢・表情・声)に気をつけておきましょう

さて、第一印象で好印象を持たれるのは確かに大切ですが、その後の挨拶やスピーチの内容がダメでは仕方がありませんね。

実際は、「第二印象」の方が大切です。

では「第二印象」をよくするためには、どうすればよいのでしょうか?

第二印象で全てが決まる

第一印象は自分のことをどう魅せるかが中心になるが、第二印象では、自分を魅せ、相手の心をつかむ技術だ
【著書:第二印象で好かれる技術  一部引用】

これができていない人が結構多いです。

教員(そして生徒)の心をつかむためにはどういうことに注意しなければならないのでしょうか。

大原則は「簡潔に・手短に」

教師の仕事は雑務が多く、とても忙しいです。

挨拶が長かったり、無駄に時間が取られるのを強烈に嫌います。

さほど重要な挨拶でなければ、20秒でまとめて伝えられるといいと思います。

”分かりやすく”まとめて伝える。緊張しても大丈夫

相手にすぐ理解してもらえるように、話す内容を事前にまとめておきましょう。

また、必ず、何度か音読練習してから挨拶にいきましょう。何度も練習した内容を、もう一度繰り返し喋りにいくだけなので、気がラクですよね。

緊張して何度も噛んでしまっても、話したい内容を相手にきちんと伝えることができますよ。

雰囲気を察する

延々と話し続けるのは避けましょう。

時間に余裕がないのに長々と挨拶をすれば、相手の興味をそぐことになります。

実際、そういう教員ってたくさんいるんですよね。私自身、忙しい時に長々と挨拶をされると「早く終わらないかな」と思ってしまいます…

挨拶をよりよいものにするには

手短に済ませる必要がなければ、次の内容を含めるとよりよいものになります。

周りと差をつけたい方は、次の内容を意識して挨拶文をつくってみましょう。

  • 他の人と違う「入り方」で挨拶・スピーチを始める
  • イメージが湧きやすい具体例・比喩表現を述べる
  • 面白いネタ・笑えるエピソードを入れる【可能であれば】

場面に応じた適切な挨拶文【例文付き】

①先生方への挨拶例【教育実習】

職員室に全職員が集まっている中、注目を浴びながら挨拶をするのはとてつもない緊張を伴います。そして、朝の打ち合わせは多忙で時間がない、ということを忘れてはいけません。できるだけ簡潔に挨拶を終えるよう心がけましょう。しかし、当時お世話になった方(担任や授業担当)いたら、紹介するのもいいと思います。

内容

名前 大学名 担当教科 お世話になった先生 意気込み

挨拶例

おはようございます。早稲田大学から来ました、山口リス子と申します。担当教科は英語です。4年前に本校を卒業し、その当時は五十嵐先生が担任をして下さいました。短い間ではありますが、少しでも教員の仕事を学びたいと思いますので、ご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い致します。
(目安15~20秒)

②先生方への挨拶例【新任先】

教師としての仕事内容もまだまだわかっていないけれども、それでもベテランの先生と同じ立場で仕事をしなければなりません。挨拶の内容に素直に学ぶ姿勢を入れるとよいでしょう。

内容

名前 担当教科 意気込み

挨拶例

おはようございます。今年4月から新規採用となりました、山口リス子と申します。担当教科は英語です。一日も早く仕事に慣れ、皆さんのお役に立てるように頑張って参りますので、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。
(目安15~20秒)

③先生方への挨拶例【転任先】

数年のキャリアを積んでいることと思いますので、前任校の話を加え、自身の経験を加えるとよいでしょう。

内容

名前 前任校名 担当教科 前任校の分掌 意気込み

挨拶例

おはようございます。世田谷高校から本校に着任することとなりました、山口リス子と申します。担当教科は英語です。前任校では進路指導部(分掌)を経験しました。一日も早く本校に慣れ、皆さんのお役に立てるように頑張って参りますので、よろしくお願いします。
(目安15~20秒)

④生徒達への挨拶例【担当授業】

第一回目の授業で自己紹介を含めて挨拶をするといいでしょう。だいたいが約40人規模の教室だと思います。趣味や特技なども入れ、生徒の興味を引けるような工夫が必要だと思います。しかし、フランクな挨拶になりすぎると、返って緩い印象を与えてしまいますので、厳しすぎず、緩すぎず挨拶することをお勧めします。

内容

名前 担当教科 担当部活 趣味 特技 意気込み

挨拶例

皆さん、初めまして。今年1年間、皆さんの英語の授業を担当することとなりました、山口リス子と申します。部活動は体操部を担当しています。趣味はピアノを弾くことで、特技はY字バランスです。1年間、皆さんと一緒に楽しく授業をしていきたいと思います。1年間、よろしくお願いします。
(目安30~60秒)

英語の授業を担当している場合、英語で挨拶したいものですよね。

これに関しては、次の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

⑤生徒達への挨拶例【全校集会】

全校の前に立って話をする内容は、分掌の仕事によって異なります。ここでは、初めての全校集会で、自己紹介をする場面を取り上げたいと思います。全校の前で自己紹介をするのは、この1回しかありませんので、最低限の内容をできるだけ皆さんに知ってもらいましょう。

内容

名前 担任 担当教科 授業担当クラス 担当部活 分掌 意気込み

挨拶例

皆さん、初めまして。3年2組の担任になりました、山口リス子と申します。担当教科は英語で、1組と2組の授業を担当することになります。部活動は体操部の顧問をしています。この学年では進路指導部(分掌)として、皆さんの卒業後の進路に関わるお仕事をさせていただきます。1年間、よろしくお願いします。
(目安30~60秒)

社会人に求められるビジネスマナーはこれで十分

入社1年目ビジネスマナーの教科書

社会人になると、学生時代には求められなかった正直面倒なマナーが沢山あります。メールのTo, CCの使い分けや、打ち合わせでの席順、名刺交換の作法など。最初から完璧にできなくても問題ないですが、どんなマナーがあるかだけでも知っておくと、恥ずかしい失敗を避けられるでしょう。

ビジネスマナーは「入社1年目ビジネスマナーの教科書」の一冊で十分です。私はKindle版を購入して、スマホにダウンロードしています。「あれ?こういう時どうするんだっけ?」と思った時とか、出張の移動中に電車内でチェックできるので電子書籍オススメです😊

まとめ

挨拶・スピーチではハキハキとした姿勢で臨み、状況に応じて「簡潔に、わかりやすく」まとめて伝えれば失敗はしません。

教員の仕事の煩雑さや生徒の集中力を考慮して、話す内容を決めるとよいでしょう。

人気

Amazon prime の学割がお得すぎる!メリット・デメリットをわかりやすく解説!

関連

4月から初担任!入学式で失敗しないためには事前準備が超重要

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow

イングリッス.comは現役の英語教師が発信する教育教育メディアです