とにかく暖かい!! 冷え性の方にイチオシの温活グッズはこちら 👉

【ICT授業はメリットばかり】授業効率が爆上がりします


「ICTってなに?」
「ICT授業って難しいのかなぁ…」
「ICTに少し興味あるんだけどなぁ…」

こんな悩みにお答えします。

私は高校現場で教え続けて6年目になります。

2年くらい前からずっと
「テンポよく授業ができないかなぁ」
って悩んでいました。

そこで、授業でICTを使うようにしたのですが… 驚くほど授業効率が上がりました!

現在では、iPadで授業をこなせていまして、黒板とはサヨナラしています。

今回は、自分の経験をもとに 「ICT授業のメリット」について紹介します。

本記事の内容
  1. ICTってなに?
  2. ICT授業のメリット
  3. ICT授業には慣れが必要

ICTってなに?

まずは “ICT” について説明しましょう。

ICTとは、Information and Communication Technologyの省略です。

日本語では「情報通信技術」と言います。

IT(Information Technology : 情報技術)と似ていますね。ほとんど同じ意味で考えても全く問題ありません。

簡単にまとめると…

ICTとは
  • インターネット機材
  • デジタル機材

これら全般のことを指します。

授業でのICT機器

授業では、さまざまなICT機器が使われています。

ICT機器

パソコン・書画カメラ・プロジェクター
タブレット・電子黒板・デジタル教材
デジタルカメラ・スマートフォン

これらを活用した授業を 「ICT授業」と呼んでいます。

Apple製品はICT 🍎

Apple製品は全て「ICT機器」です(IT機器ですので)。

私の場合、現在はiPadを使って授業していますが、iPadって結構便利でして、こんな風に活用できています。

iPadの活用法
  • パワーポイントで授業 → 黒板不要
  • Appleペンシルを使う → 電子黒板不要
  • カメラ機能を使う → 書画カメラ不要
  • タイマー機能を使う → デジタイマー不要
  • 音楽を再生する → CDプレイヤー不要

こんな感じで、1台あれば基本何でもできちゃいます。

Appleペンシルの発売によって、黒板に板書する必要がなくなったのも魅力的です。

iPhoneでも同様の授業ができることに気づいたので、最近では スマホを片手に授業することもあります。

なお、ICT機器の中ではiPadが最強だと思っていまして、その理由は次の記事で解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

結論:ICTは超便利

というわけで、ICTには無限の可能性 がありまして、フルに活用すれば授業がもっと魅力的なものに変わり、授業効率も爆上がりします

「脱・アナログ」を目指そう

正直、新世代の技術を取り入れないのはもったいないです。

これからは、できるだけ授業をICT化するべきです。

なお3年前の私は、黒板を使う「チョーク&トーク授業」に固執していましたが、今では授業でICT機器が手放せなくなっています。

ICT授業のメリット

ICT授業にはたくさんメリットがあるので、もう詳しく紹介したいと思います。

3つのメリット
  1. 準備時間を減らせる
  2. 授業のテンポが上がる
  3. わかりやすい

①準備時間を減らせる

授業の準備には、どうしても時間がかかってしまいますね。

ですが、ICT授業に変えていくと

  • 板書計画
  • 授業プリントの作成
  • 関連資料の作成
  • イラストの準備

これらにかけていた時間を圧倒的に減らすことができます

デジタル教材で時間削減

デジタル教材

授業に必要な資料が全部そろいます。

よって、パソコン/タブレット1台で授業ができます。私が定時に帰れているのも、これのおかげです。

ただ、難点がありまして…

  • デジタル教材は超高価 → 学校側が買ってくれない
    自費で購入するしかない

というのがデメリットです。

②授業のテンポが上がる

ICT授業の利点の1つは…板書時間を削れることです。

黒板に文字を書いているときって、どうしても授業の流れが止まるんですよね。当然、生徒もボーッとする時間が増えるわけで、そこから再度授業に集中させるって至難の業です。

授業はリズムが命です

たとえば、パワーポイントなどに必要な内容を事前に用意すれば、板書なしでスムーズに授業を展開できます。

つまり、授業のリズムマネジメントが容易になるわけです

③わかりやすい

ICT機器があれば、「見てわかる」「聞いてわかる」授業を展開できるようになります。

  • 写真、イラスト、きれいな板書(パワポ)
  • 音楽、ラジオ、動画、映画

文字だけでは、内容を理解しづらいという生徒もいます。そういう生徒に、視覚・聴覚にうったえられるようになります。

他にも

  • 授業がわかりやすくなる
  • 生徒をひきつけられる

こういった利点にもつながりますね。

YouTubeを教育現場に

最近では、YouTubeも教育に取り入れられます。今の子なら誰でも見ていますし、すぐに検索できるので結構便利です。

特に英語の授業では重宝していて、海外のニュースや日常英会話などの動画を通して、ネイティブの表現を学ぶことができています。

まとめ
  • 効率向上につながる → 負担の軽減
  • 授業改善につながる → わかりやすい授業

ICT授業には慣れが必要

ICT機器に慣れる

さて、ここまでICTの便利さを語ってきたわけですが、慣れてしまえばICT授業は難しくありません。

ですが、いきなりICT授業に切り替えようとすると失敗します

ICT授業が失敗する理由

理由
  • ICTが使いこなせない
  • 機材トラブルで混乱する
  • 無駄にICTを頼ろうとする

慣れないうちにICTを取り入れようとすると、かえって授業のリズムを悪くする可能性があります。

「ケーブルをつないだはずなのに動かない…」
「操作を何度も間違えてしまう」

授業中にこんなことで手間どうくらいなら、ぶっちゃけ使わない方がマシです。

まずはICT機器の使い方を知るべし

「ICTを使ってみよう!」と考えている人は、まず機材の使い方に慣れてください

ICTを使う側なのに、ICT機器にもてあそばれては本末転倒ですよね。前日の空き時間で、授業を想定しながらICT機器を使ってみることをオススメします。

必要最低限のICTを考える

私の失敗談です。

・ICTの便利さを利用しよう!
→ 必要ないことまでICTに頼り始める
→ かえって授業リズムが悪くなる
→ 授業がムダになる

慣れてくると、ICTを取り入れていくことが楽しくなっていき、ムダなことまでICTに頼ろうとしてしまいます。

考え方としては

  • 早いなら板書で済ませる
  • 自分の授業で必要な箇所だけICTを利用

私も全く黒板を使っていないわけではありません。突発的な英単語の説明は、黒板を使って解説しています。

また、ICTの利用ですが、私の場合「動画を見せた方が理解が深まる」と思ったことから始まりました。授業のまとめだけで使ってましたが、初めのうちはそれだけで十分だと思います。

まずは授業の一部分をICT化

これからICTを取り入れようと思っている人は、自分の授業を振り返り「ここはICTを使いたいなぁ」という箇所を絞って使ってください。

慣れてきたら、徐々にICTベースの授業に切り替えていければOKです。

WRITTEN BY

Follow

イングリッス.comは現役の英語教師が発信する教育教育メディアです