【ブラック部活動】避け方・上手な付き合い方【方法を紹介】


部活顧問

「部活を持ちたくないなぁ…」
「毎日、部活動の指導がしんどいなぁ…」
「休日・祝日は休みたいなぁ…」

部活指導って、本当に大変ですよね。

その忙しさからか、「部活指導=ブラック」と考えている方が多くいます。

そこで今回は、教員を苦しめている部活動の 「避け方・上手な付き合い方」について言及します。

本記事の内容
  1. 顧問就任の回避方法【拒否でOK】
  2. 部活動顧問の知っておくべき問題点
  3. 良い解決策を考えよう【上手な付き合い方】

顧問就任の回避方法【拒否でOK】

顧問就任の回避方法【拒否でOK】

本気で嫌なら、断ってOKです。

自分の人生をムダにしてまで、部活動を引き受ける義務はありません。

実際に、家庭の事情などで部活動の顧問を外れている教員もいます。

実際は避けられない?

残念ながら、部活顧問から完全に外れるのは難しいです。

避けられない理由
  1. 部活動が学校に存在しているため
  2. 「部活動=教員が顧問」という考え方のため
  3. 「顧問就任=職務命令」であるため

顧問就任 = 職務命令

職務命令とは、公務員の職務に関して、職務上に上司が発する命令のことです。

教育現場で言えば、上司というのは管理職(校長・教頭)であり、教育委員会・文部科学省のことを指します。

職務命令には法的根拠あり?

地方公務員法32条(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)

職員は、その職務を遂行するに当たつて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の期間の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

と、記載されています。

「ん??どういうこと」と思った方もいると思いますが…

つまり、管理職の職務上の命令は、絶対遵守しなければなりません

顧問就任も、命令されれば逆らうことはできないというわけです。

問題点:時間外労働

ここで問題が浮上してきます。

部活動を見るとなると、勤務時間を超えてしまいます。

さすがに管理職も、勤務時間労働を命令することはできません。

そのため、「勤務時間内での部活を見てください」というスタイルでお願いするわけです。

【管理職】

「勤務時間内で部活指導をおこなってください。」

【部活顧問】

「でも、勤務時間内に済ませるってムリじゃね?」

というのが現場での問題点です。

現在では、「部活就任=時間外労働確定」という図ができていて、部活指導で時間外労働が増えてもほぼ無償のため、部活動の在り方にたくさんの人が疑問を抱いています。

部活動がなくなっている学校数増加

実際、顧問になりたくない教員が増えているために、部活動がなくなってきている学校もあります。

「生徒がやりたくても、部活ができない」となっているようです。

教員の働き方改革を優先するか。
生徒のために部活を残すか。

難しい問題ですね。

結論:やっぱり逃げられない

話を戻します。

結局、部活動が存在する限り顧問・副顧問からは逃げられそうにありません。

なので逃げることよりも、より自分が過ごしやすくなるための方法を考えましょう。

部活動顧問の知っておくべき問題点

部活動顧問の知っておくべき問題点

なぜ、部活動の顧問になりたがらないのでしょう。

  1. 拘束時間が長い
  2. 専門外も指導
  3. 責任は全て顧問というプレッシャー
  4. 体罰・暴言 → SNS で即行拡散

① 拘束時間が長い

「平日:残業代 → 0円」

部活を持てば、勤務時間外の労働が増えてしまいます。知っての通り、勤務時間を超えても残業代が出ることはありません。そのため、平日は勤務時間を超えて部活動の指導をしても、残業代は0円です。

「休日:4時間以上 → 3000円程度」

休みの日も部活動で潰れてしまい、プライベートの時間を過ごすことができません。土・日・祝日の部活動指導では、少しばかり特殊業務手当が出ます。しかし、4時間以上の勤務で、約3000円程度です。それ以上長く勤務しても、金額は変わりません。大会引率で1日指導する時もありますが、それでも3000円程度です。高校生のアルバイト以下の給料ですね。

休日勤務で約3000円をもらうくらいなら、1日しっかりと休みをとりたいですよね。

② 専門外も指導

未経験の分野でも、教員が顧問として指導せざるを得ないのが現状です。

これが教員としてもっとも苦痛なことでして、自分の専門分野以外を教えるって相当苦労します。

子供からも親からも期待されてしまうので、つい責任を感じてしまいます。

③ 責任は全て顧問というプレッシャー

練習試合・大会などで外部へ出なくてはいけない時、必ず顧問が引率しなければなりません。

また、部活動中に生徒が怪我をしたり事故が起きてしまったりした場合、全ての責任を顧問が負わなければなりません。怪我の処置が少しでも誤ったり、病院への通報が少しでも遅れたりすれば、大問題になってしまいます。

2017 年では、「陸上部のハンマーがサッカー部生徒の頭に当たり、病院搬送後死亡。現場に顧問不在」というニュースで世間を賑わせました。ニュース中の校長の発言からわかるように、部活監督の責任は顧問にあります。校長だって助けてはくれません。このような問題が起きてしまったら、教員を続けることなどできなくなります。

④ 体罰・暴言など → SNS で即行拡散

もちろん「体罰」「暴言」は NG です。
しかしつい指導がいきすぎて、声を荒げてしまうことだってあるでしょう。

自分ではそこまで意識して言ったつもりがなくても、生徒・保護者から「暴言だ!」と訴えられたり、少し体に触れただけで「体罰だ!」「セクハラだ!」と言われる時代なんです。

そして問題が起きれば、すぐに SNS 行きです。

自分の身を守ろうと思ったら、部活動の顧問なんて持とうって思わなくなりますよね。

良い解決策を考えよう【上手な付き合い方】

ブラック部活動との上手な付き合い方

顧問の負担を軽減するための方法を4つ解説します。

負担軽減のためのポイント4つ
  1. 【ガイドラインに従う】適度に OFF を作ろう
  2. 【誠意を見せる】保護者の理解を得よう
  3. 【助け合いの精神】教員同士は仲良くしよう
  4. 【外部コーチを雇う】部費を徴収しよう

①【ガイドラインに従う】適度に OFF を作ろう

部活動ガイドラインが提唱されたのは知っていますか?

概要
  • 週休2日にする
  • 長期間のOFFを設定する
  • 練習時間は短めに

こんな内容です。

このガイドラインに沿って部活動に携われば、負担も軽減されると思います。

顧問・副顧問で協力をして、部活の監督日を振り分けてもよいでしょう。そうすれば、単純に負担が2分の1で済みます。

とにかく体は資本です。自分の大切な体を壊しては意味がありません。教員、生徒ともに適度な休息をとりましょう。

②【誠意を見せる】保護者の理解を得よう

保護者は最強の味方です。

保護者の理解を得ることができれば、部活運営はものすごく楽になります。

保護者の心をグッと掴むには…

◉できればしてほしいこと
  • 年1回、保護者との飲み会を開く
  • 練習会、練習試合、大会に招く(そのための連絡)
◉絶対にしてほしいこと
  • 練習試合、大会などであった時にあいさつ&雑談
  • 生徒の部活動での活躍を伝える(電話でも可)

とにかく子供達のために「私も頑張っていきます!」という姿勢を見せることが大切です。保護者も誠意を感じることができれば、おのずと部活動への理解もしてくれると思います。

③【助け合いの精神】教員同士は仲良くしよう

顧問は1人ではありません。

最低でも副顧問が1人はついてくれます。自分だけで運営が厳しいようであれば、お互いに協力しあっていきましょう。

どうしても部活の監督が出来ない時や、代わりに引率に行ってもらう時などにお願いできると、精神的にとても楽になります。

しかし、全部を一方に押し付けるのはいけません。お互いにギクシャクした関係になってしまい、最後には協力を得られなくなってしまいます。そうなると学校の仕事にも支障がでるので、教員同士では良好な関係を保つよう心がけましょう。

④【外部コーチを雇う】部費を徴収しよう

週1回、専門家に来てもらえるだけでも全く効果は違います。

もし、自分が専門家ではなく、保護者や生徒から不満がでているようであれば、生徒から部費を徴収して外部コーチを雇うのも1つの手です。

外部コーチを雇うには、保護者の理解を得る必要があります。そこまでする必要がないのであれば、現状を受け入れてもらうしかありません。

外部コーチを雇えるのであれば、技術指導は全て任せましょう。そうすれば、自分自身の負担が相当軽くなります。

まとめ

教員になる以上、部活動の顧問を持つことからは逃げることができません

自分の時間を、ある程度は部活動に捧げることを覚悟しましょう。

しかし、よりよい方法を考えれば、負担を軽くすることはできます。

困った時は助け合いが大切です。部活を任されても落ち込まず、自分が楽しむための策を講じましょう。


人気記事
仕事で差がつく自己投資術【デキる人・デキない人の違い】
人気記事
Amazon prime の学割がお得すぎる!メリット・デメリットをわかりやすく解説!

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow