【教員採用試験】不合格のその後を考える【メリットもあります】


そろそろ教員採用試験(教採)の結果が公表される時期となりました。

私も教採を受けたとき、9〜10月あたりにドキドキしながら待っていた記憶があります。

「不合格だったらどうしよう…」
「教員は諦めたくないなぁ…」

多くの人がこんな風に悩んでいると思います。

残念ながら、教採を突破できる人数は一握りです。やはり合格するのは簡単ではありません。

では、不合格だった場合どうするべきでしょうか?

そのような方のために、今回は「教採不合格のその後」について記事を書きたいと思います。

本記事の内容
  1. まずは不合格の理由を考えよう
  2. その後の選択肢を考えよう
  3. 教採不合格のメリットとは

まずは不合格の理由を考えよう

「教師に向いてないのかなぁ…」
「教師をあきらめようかなぁ..」

ぶっちゃけ、教採に落ちたからって教員をあきらめるのは早すぎます。

そんなことを考える前に、次の教採につなげるために不合格だった理由を考えてください

考えられる理由としては、次のことが挙げられます。

不合格の理由
  1. 勉強量がたりない
  2. 面接・模擬授業対策がたりない
  3. 努力がたりない
  4. 運がなかった

①勉強量がたりない

だいたいは勉強量がたりずに、筆記試験で落ちてしまう場合がほとんどです。

「教職教養」「専門教養」「一般教養」多い方は3種類の対策をしないといけません。

自分なりにしっかりと勉強はできたと思いますか?勉強量がたりていない、と思っている方もいるのではないでしょうか。

各分野での出題範囲は広いですし、専門性が高いので、全てを完璧に対策するには時間がかかってしまいます。

②面接・模擬授業対策がたりない

「面接練習」「模擬授業」に時間を割きましたか?

意外に手を抜く人が多い分野です。

今現在あなたが大学生でしたら、大学教授やキャリアセンターの職員など、授業のプロ・面接のプロにお願いをして指導を受けるべきです。

教採を受けた人の中には、「現校長」「現教頭」の方から指導を受けている者もいますよ。

③努力がたりない

「筆記試験」「面接試験」「模擬授業」

それぞれの試験に対して、100%の準備をして臨むことができましたか?

頑張っている人は、毎日欠かさず勉強をしていますし、面接指導もいろんな人に見てもらう努力をしています。

もしかしたら、どこか力を抜いてしまった部分があったのではないでしょうか?自分の胸に聞いてみましょう。

④運がなかった

これはやるせないですが、どんなに準備して臨んでも、運が悪く合格を手にできない方もいます。

  • そもそも募集がない
  • 倍率が高すぎる
  • あと一歩届かず

合格ラインギリギリで他の受験生と競合した場合、「教員歴」「資格」「ボランティア経験」など、さまざまな観点が考慮され合否が決まります。

もしかしたら、自分もボーダーラインで落とされた受験者の1人かもしれません。

教員採用試験には、時に運も味方にしなければならない場合があるわけです。

その後の選択肢を考えよう

教員採用試験に惜しくも落ちてしまった場合、その後は次のような道に進んでいきます。

  1. 講師として働く
  2. 私立学校で働く
  3. 大学院へ進学する
  4. 就職活動を始める

① 講師として働く

だいたいの人が「講師」として働く道に進みます

現場でしか学べないこともたくさんあります。早めに教員の経験を積んでいきたいという方はオススメです。

なお、講師には 「臨時的任用講師 (臨任講師)」「非常勤講師」の2種類があります。

「臨時的任用講師」と「非常勤講師」の違い

違いは次の通りです。

臨任講師非常勤講師
勤務体系常勤非常勤
授業
担任    ×
部活顧問    ×
*校務分掌×
ボーナス×
兼業×

「臨任講師」は、ほぼ正規教員と同じ仕事をこなします。

「非常勤」の場合、授業だけを担当するので、その他の空き時間では学校の仕事に携わることはありません。

校務分掌については、こちらで詳述しています。

講師になるには?

自治体の教採を受けた際、講師登録の打診があったかと思います。

なければ、各自治体のホームページに「講師登録」について詳細が掲載されているので確認しましょう。

講師登録をしておけば、2月〜3月あたりに学校側から連絡がきます。

連絡がくれば、はれて講師として学校で働くことができますが、必ずしも連絡がくるとは限りませんので注意してください。

② 私立学校で働く

公立学校だけではなく、私立学校で働くという選択肢もあります。

私立学校は採用試験が独自で行われる(公立と異なる)ので、試験対策をしなおす必要があります。

学校のことをよく知り、合格したらその学校の一員として働くという強い覚悟がなければ、合格するのは難しいと思います。

③ 大学院へ進学する

自分の専門性を高めるために、大学院へ進学する人も少なくはありません。

「専門性を高める大学院」では、自分が専門分野をより深く学ぶことができます。高校で勤めたいと考えている人は、授業の際に活きるでしょう。

「教職に関する大学院」では、教員として必要な力・知識を学ぶことができます。教採の1次試験対策のためよりかは、一人前の教師として活躍するために通うべきだと思います。

④ 就職活動を始める

就職活動をして、一般企業に就職する選択もあります。中には、教育関係の企業に勤める人もいるでしょう。

「就職したけど、やっぱり教師を諦められない」という方は、一般企業で働きながら教採にチャレンジすることはできますので、安心してください。

簡単なことではありませんが、一般企業から教師になっている方もいます。

また、塾や予備校で働くのも1つの手です。学校現場とは少し違う環境ですが、教えることに携わっていきたいという方はオススメです。

教採不合格のメリットとは

できれば合格したかったというのが本音でしょうが、不合格でないと得られないメリットがあります。

不合格でしか得られないチャンス
  1. 海外経験を積める
  2. 社会人経験を積める
  3. 勉学に励める
  4. さまざまな学校を知れる

①海外経験を積める

ひとたび教員になれば、海外に行くチャンスはめっきり減ってしまいます

ですので、教員として働き始める前に、海外経験をたくさん積むのをオススメします。

海外に行ってみると自分の価値観を広げられますし、素晴らしい経験はお金に変えられない価値があります。

将来、教壇に立つときにその経験が絶対活きるので、少しでも迷っていたら行くべきです!

実際、私は学生時代にアメリカ留学、教員になってからイギリス旅行に行きましたが、その経験は今でもに大いに役立ってます。

「留学」「世界一周」「ワーホリ」のチャンス!

私の場合、運良く教採を一発で合格できました。

ですが、大学を卒業した瞬間から、学校でずっと働きっぱなしです。

夏休みにも部活の指導があり、なかなか長期間の休みを取ることは難しいです。

「教員になる前に世界一周しよう」
「ワーキングホリデーをしてみよう」

なんて思っていましたが、今やこれらは叶わぬ夢です…

②社会人経験を積める

教員の仕事は独特なものです。

よく 「世間の常識=教員界では非常識」なんて言われます。

私は社会人の経験がないので、何とも言えないのですが…

社会人としての経験も、少しは積んでおけばよかったなぁ なんて今では思います。

教員の1日はこちらで紹介している通りです。教員の仕事はどんなものなのか、一度目を通してみてください。

③ 勉学に励める

「海外経験を積む」「社会人経験を積む」ことに似ていますが…

自分のための勉強に時間を注げるチャンスです

働き始めたら、なかなか自分の勉強時間をとることができません。(特に1~2年目は仕事に追われるので、身を粉にする思いで毎日を過ごすと思います…)

もし、自分の専門性をもっと深めたいという思いがあれば、大学院や専門学校などに通うことを考えてみてください。

④ さまざまな学校を知れる

講師なら、短時間でさまざまな学校に勤務することが可能です

というのも、正規教師は「1校に最低3年」は勤務しなければいけません。(都道府県にもよりますが)

ですが講師の場合、1年で学校を移動することができます

移動が多くなることはデメリットですが、その分早いサイクルでさまざまな現場を知ることができます

それぞれの学校に特色がある

ひとえに学校といっても、その学校が持つ色は全く異なります

校種もさまざま
  • 進学校 (高偏差値)
  • 教育困難校 (低偏差値)
  • 部活に力を入れている学校
  • 行事に力を入れている学校
  • 中・高一貫校
  • 異校種(小学・中学・高校) など

それぞれの学校で、特色が違えば運営方法も異なります。

その違いを知れる機会が多くなるのは、教員としての経験値をあげてくれます。

まとめ

教員採用試験は、確かに合格することに越したことはありません。

ですが、教師として5~6年働いてみて

「あと30年間くらい同じことを繰り返すのか…」
「あのとき、もっとやりたいことをすればよかった…」

って最近強く思います。

現場で働き始めると、いろんな責任・しがらみから、職場を離れづらくなっていきます。

でも、1度しかない人生なんだから、後悔なく生きてみたいと思いませんか?

今回の不合格は非常に残念ですが、逆に「自分の人生を豊かにできるチャンス」だと思ってほしいです。

そして、いろんな経験を積んだのちに、再度教員を目指しても遅くはないと思っています。

これから教採の対策に取りかかるという方は、まずはこちらの記事をご覧ください。

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow

イングリッス.comは現役の英語教師が発信する教育教育メディアです