留学で英語力をグッと伸ばすためには?【効果的な方法を解説】


「せっかくの留学だから、実りのあるものにしたいなぁ。。。留学をより効果的にするにはどうすればいいのかなぁ。。。」

こういった疑問に答えます。

「留学をすれば英語力が伸びるだろう」と思っていませんか?それは大きな間違いで、留学に行っただけでは英語力は伸びません

この記事では、留学中に英語力を伸ばすコツを教えます。 3 分で読み終わります。3分だけお付き合いください。

本記事の内容
  1. 留学で英語力を伸ばすための秘訣
  2. 留学で英語力を上げるための具体的な取り組み
  3. まとめ

留学で英語力を伸ばすための秘訣

「留学すればたくさん英語が勉強できる!」と思っている学生は、少なくないのではないでしょうか。

しかし、現実は全く逆です。英語を使わなくても留学ができてしまいます。

理想 ...「留学 = 毎日が英語漬け」
現実 ...「留学 = 英語を話さなくてもどうにかなる」

実際、現地には日本人の方もいるし、スマートフォンの通訳アプリを使えば生きていけます。しかしそれでは、留学中に自分の英語力を向上させるなど到底できません。

留学でしっかりと英語力を伸ばすにはどうすればいいのでしょうか?ポイントは2点です。

  1. 日常から英語に浸れる努力をする
  2. 自分から英語に触れる機会をたくさん作る

この2点を徹底的に実行すれば、英語力が着実についていきます。

留学で英語力を上げるための具体的な取り組み

留学中に英語力を上げるための具体的な取り組みとして、次の7点が重要です。

留学でやるべき7つの行動
  1. 日本語をシャットアウト
  2. スマホをフル活用する
  3. 積極的に友達を作る
  4. 友達と遊びまくる
  5. 空き時間を読書に費やす
  6. 一般授業(General Class)を履修する
  7. 英語ノートを作る

① 日本語をシャットアウト

留学中に英語をいかに使うかがポイントです。できるだけ日本語を使わないように心がけましょう。

具体的には、こういう点に変更してみてください。

スマホの言語を日本語 → 英語へ変更 メモも考えも愚痴も、全部英語で 単語を調べるとき、英英辞書を使用 日本にいる友人/家族との頻繁な連絡は控える 日本人と繋がっている SNS アカウントは使用しない(一時的)

今使っている SNS のアカウントで知り合った友達と連絡先を交換してもいいと思いますが、SNS を開くたびに、ためにならない日本語(友人の愚痴など)を一緒に見ることになります。

留学中に SNS を通じて、日本にいる友人と関係を保とうとするのは時間の無駄です。その場合は、SNS を「① 消去する」か「② 別アカウントを作成する」のどちらかを選ぶのがベターです。

「日本語から離れる」というよりも「英語を使う頻度を高める」ことを意識してください。自分でも気づいたところから、英語に変えていきましょう。

※ちなみに、日本語を全く話さないのもよくはありません。理由は下記の記事で紹介します。

② スマホをフル活用する

留学は毎日忙しいですが、それでも隙間時間はあります。その時間に、自分のスマートフォンを有効活用して、常に英語に触れていきましょう。

辞書、単語帳、熟語帳をダウンロード

まだ自分のスマホに「辞書」がなければ、すぐにダウンロードしましょう。いつでも知りたい英単語を調べられます。

私は「ウィズダム英和・和英辞典2」を使っています。3000 円ほどしますが、無料バージョンのものよりも質が高いので便利です。

英英辞典は「Oxford Dictionary of English」を使っています。こちらは無料です。

単語帳・熟語帳もスマホにダウンロードできます。無料バージョンのものでもいいので持っておきましょう。

ウィズダム英和・和英辞典 2
ウィズダム英和・和英辞典 2
開発元:物書堂
¥2,900
posted withアプリーチ

Real 英会話で会話表現を学ぶ

「Real 英会話」は、さまざまな表現を知りたい方にぴったりなアプリです。スラングやことわざも紹介しているので、本当に便利だと思います。

実は私も、留学中にこれを使ってたくさんの表現を学びました。「辞書」「単語帳」などとあわせて、是非ダウンロードしてほしいです。

Podcasts、English News、Twitter を効果的に

Podcasts や CNN, BBC といった英字ニュースを利用すれば、リスニング・リーディングの練習ができます。

どれも無料でダウンロードができますので、自分で好きなものを選び、隙間時間でトレーニングをしましょう。

また、Twitter ではネイティブの生の声が聞けます。 教科書に載っている英語よりも、生きた英語を学べるので重宝しています。各国の大統領アカウントをフォローすると、海外の政治や時事も学べるのでオススメです。

③ 積極的に友達を作る

友達ができると、常に英会話の相手になってくれますし、質問したいことを気兼ねなくできます。それだけではなく、困った時には親身になって助けてくれます。

しかし残念ながら、友達を作れるチャンスは多くはありません。

友達を作るチャンスとしては、たとえば

  • 同じルームメートである
  • 受けている授業が同じ
  • イベント行事で知り合う
  • 課外活動(特にスポーツ)で知り合う
  • 共通の友達がいる など

チャンス!だと思ったらできるだけ話しかけにいきましょう!

興味・趣味などから、打ち解けられるといいかもしれません。特に相手も留学生であれば、あなたと同じように「友達がほしい」と思っているはずです。

④ 友達と遊びまくる

友達ができたら遊びまくりましょう!一緒にショッピングに行ったり、スポーツをして楽しんだり、もしくはカフェテリアでコーヒーを飲んだりでも構いません。

誰かと一緒に過ごすことによって、英語を話さないといけない環境を作るのがポイントです

日本人留学生との付き合い方には気をつけよう

ここで注意したいのは、日本人留学生とのお付き合いです。留学をすれば必ず日本の方と出会うことがありますが、仲良くなりすぎると日本語しか使わなくなってしまうので注意が必要です

英語力を伸ばすためには、日本人留学生との付き合いを理解しないといけません。ここでは3パターン紹介します。

日本人留学生との付き合い方
  • パターン ① 完全に無視する
  • パターン ② ある程度の距離を置く
  • パターン ③ 英語で話しかけてもらうようにお願いする

パターン ① はなかなか厳しいと思います。こちらが意識的に避けていても、相手から来ることがありますし、そこで無視しても大変失礼ですよね。

パターン ② なら実行可能かもしれません。しかし、一度出会ってしまうと距離を置くことも厳しくなります

私の場合、パターン ③ で日本人の方と過ごしていました。

「ごめん!留学中は英語を話していたいんだ!」と伝えて、相手に英語でかけてもらうように協力してもらいました。

ちゃんと言えば理解してもらえるので大丈夫です。それで向こうから離れていく分には、何の問題もありませんが、誰一人それで離れていく人はいませんでした。

⑤ 空き時間を読書に費やす

留学生活は、日本のキャンパスライフとさほど変わりません。授業と授業の間に時間が空くことがあります。そういう隙間時間を使って読書をしましょう。もちろん、できれば洋書を読んでください。

読書にはさまざまな利点があります。

読書のメリット
  • 自分の時間が確保できる
  • 慌ただしい生活にゆとりを取り戻せる
  • 書き言葉やさまざまな表現を学べる
  • 自信がつく

読書は、始めると意外にはまります!

フリーマーケットや古本屋に行けば、1冊1〜5ドルで購入できます。私は、「トワイライトシリーズ」を全て購入し、留学中に読破しました。些細なことですが、その経験が自分に自信を与えてくれたのも事実です。

⑥ 一般生向け授業を履修する

留学で受けられる授業は、大きく分けると2つあります。

  • EFL 授業 … 留学生向け授業
  • 一般授業 … 一般学生向け授業

EFL 授業は、留学生向けの授業です。 EFL(イーエフエル)とは「English as a Foreign Language」の略です。英語を母国語としていない方向けの英語教育のことです。つまり、自分と同じように、英語を学ぶためにきた学生と一緒に授業を受けます。

一方、一般授業は一般学生向けの授業です。 つまり、ネイティブの学生がたくさんいます。そのため授業の内容はレベルが高くなり、難易度が上がる分、やり甲斐は倍以上です。

私はどちらの授業も受けました。

留学生向け授業(EFL 授業)で課された課題は、1週間で 100 字程度の作文を書くことでした。一方、ネイティブ学生向けの授業(一般授業)では、1週間で 1200~1500 字の小論文を書かされました。単純にいっても、10倍違います。

それでも、負荷をかけられ、挫けそうになった分だけ、英語力も伸びていった実感があります。少しでも英語力に自信があれば、積極的に一般授業を履修することをおすすめします。

⑦ 英語ノートを作る

留学中は、自分だけの英語ノートを作成しましょう。使用用途は次の通りです。

  • わからない単語をその日のうちにメモる
  • 言えなかったフレーズ/会話表現をその日のうちにメモる
  • 英語で日記を書く

わからない単語に出会う機会がたくさんあります。「これどんな意味だっけ?」と思ったらすぐに調べてメモを取りましょう。

1日に調べる単語数を制限することをおすすめします。たとえば、「知らない単語を1日に10個メモる」という目標にすれば OK。単語はきりがありませんので。

ちなみに私は、意味を調べるときに「英英辞書と英和辞書を9:1」の割合で使っていました。留学中に英語を伸ばすコツは、できるだけ英語に触れる機会を自分で増やすことです。

その日に会話したことでメモするのも便利です。そこで「こう言いたかった!けど言えなかった」ものをまとめていきましょう。また同じ状況になったときに、言いたかったことがスッと口から出るように準備をしておく必要があります。

英語日記をつけるのにも便利です。私も、寝る前に必ず3行英語を書いていました。定期的にアウトプットすることによって、英語が忘れにくくなると思います。

まとめ

いかがでしたか?高いお金を払って留学にいくのですから、やはり元を取るつもりで留学に臨みましょう。

今回の記事は、私の実際の留学経験に基づいています。他にも色々と効果的な方法があると思いますが、ぜひ私が紹介した方法も試してみてください。

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow

イングリッス.comは現役の英語教師が発信する教育教育メディアです