【ビジネスマナー】 定番の1冊はこちらから 👉

前置詞 intoのイメージと使い方【例文あり】


今回は、前置詞の「into」について勉強していきましょう!

本記事の内容
  1. 前置詞 intoのイメージ
  2. intoを使った例文
  3. intoを使った熟語・表現
  4. 前置詞の理解を深めたい方へ

前置詞 intoのイメージ

前置詞 intoのイメージ

前置詞 intoは、「in(〜の中へ)」と「to(到達)」の2つが合わさった語です。

よって、into の基本イメージは 「中へ入っていく」になります。

意味は「〜の中へ」が基本となりますが、ここからさまざまな意味に派生します。

into

イメージ:「中へ入っていく」
意  味:「〜の中へ」

では、ここから例文を交えて、それぞれの意味を確認していきましょう。

into を使った例文

空間に入る

into のイメージである「中へ入っていく」は、「場所」・「空間」と相性がいいので頻繁に使用されます。

前置詞 intoのイメージ
She got into her car.
彼女は自分の車の中へ入っていきました

I walked into the park.
私は公園の中へ歩いていきました

ここからイメージが以下のように派生していきます。

深く入り込む

前置詞 intoのイメージ

どんどんと中へ入り込んでいくイメージから、「調べる」「夢中である」などといった意味に広がります。

The police looked into his background.
警官は彼の身元を調べました

I’m into you.
私はあなたに夢中です

ぶつかる

前置詞 intoのイメージ

ある物の中へ入ろうとしてぶつかるイメージから、「衝突」の意味に広がります。

The bike crashed into a traffic light.
バイクが信号機に衝突しました

I ran into him at Ueno Station.
私は上野駅で彼にたまたま会いました

ある状態に変化する

前置詞 intoのイメージ

ある状態の中へ向かっていくイメージから、「変化」を表す際に使用されることがあります。この場合、意味は「〜になる」がふさわしいでしょう。

The caterpillar turned into a beautiful butterfly.
毛虫が美しいチョウになりました

The little girl burst into tears.
少女が急に泣き始めました

intoを使った熟語・表現

空間に入る

  • break into ~「~に押し入る・侵入する」
  • come into ~「~に入ってくる」
  • dive into ~「~に飛び込む」
  • get into college「大学に入学する」
  • plug A into B「A を B につなげる」

深く入り込む

  • cut into ~「~に食い込み・切れ目を入れる」
  • go into detail「詳細に説明する」
  • look into ~「~をよく調べる」
  • pass into ~「~の一部となる」
  • see into ~「~の奥まで見える・調査する」

ぶつかる

  • bang into ~「~にぶつかる」
  • bump into ~ / run into ~「偶然~と出会う」
  • crash into ~「~に衝突する」
  • plow into ~「~に突っ込む」
  • talk into ~「~に向かって熱心に話す」

ある状態に変化する

  • burst into ~「急に~になる」
  • change[turn] into ~「~に変化する」
  • get into trouble「面倒なことになる」
  • put it into words「言葉で表現する」
  • translate A into B「A を B に訳す」

前置詞の理解を深めたい方へ

英語学習者にとって、前置詞って結構厄介モノですよね。

意味は文によって変わりますし、前置詞が絡む熟語って無数もあります。

前置詞をマスターする上で大切なのは、意味を覚えることではなく「イメージ」を理解することです

前置詞をイメージで覚えられる参考書がありますので、ぜひこれらを手にとってみてください。間違いなく英語学習の助けになります。


人気記事
Amazon prime の学割がお得すぎる!メリット・デメリットをわかりやすく解説!

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow