【感想】ディズニー×スターウォーズ in アメリカ【新エリア行ってみた】


2019年5月に、カリフォルニアのディズニーランドに「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」が誕生したということで…

ディズニーとスターウォーズの夢のコラボを堪能してきました。

今回は 「新エリアに行ってみた感想」を紹介したいと思います。

本記事の内容
  1. 【新エリア】スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ
  2. 【乗り物】2つのアトラクション
  3. 【グッズ】ドロイド・ライトセーバーも作れます
  4. 【まとめ】日本では絶対に味わえません

【新エリア】スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

まずはコチラをご覧ください。

エリア全体がスターウォーズの街並み

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

入り口からすぐに、スターウォーズの世界が広がっていました。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

映画に登場するドロイドたちも、出迎えてくれます。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

よく見ると、壁の装飾も1つ1つしっかり作り込まれていますね。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

こちらはマーケットの様子です。いろんなグッズが購入できます。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

頭上にも、すてきな装飾が広がっています。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

「ミレニアム・ファルコン」も登場です。新パークには、この宇宙船をモチーフにしたアトラクションがあります。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

いたるところに銅像もあります。

トイレの装飾

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

トイレの中までしっかりと作り込まれていました。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

個室のドア・洗面台まで、スターウォーズ感があふれていますね。

ベストな時期は?

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

ゆっくり堪能したければ、平日がベストです。

今回は土曜日ということもあって、さすがに混んでました。

12~3月は雨季になるので、天気で悩みたくない方は4~11月での訪問がベストです。

【乗り物】2つのアトラクション

今回は簡単に紹介だけします。

❶ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン

ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン ©Disney/Lucasfilm Ltd. © & ™ Lucasfilm Ltd.

「ミレニアム・ファルコン」に乗り込み、操縦することができるアトラクションです!

4人まで一緒に乗れます。

参考動画

コックピットには、操縦に合わせて景色が変わっていき迫力満点です!

与えられたミッションを遂行できるかどうかは、操縦次第となります。

❷スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス

スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス ©Disney/Lucasfilm Ltd. © & ™ Lucasfilm Ltd.

2020年1月17日より、公開予定です。

8人乗りのライドで、スター・デストロイヤーのハンガーベイでのバトルに参戦するアトラクションになります。

参考動画

レジスタンスとフォース・オーダーの壮大な戦いに巻き込まれる、かつてないスケールを楽しめます。

イメージでいうと、「ジャングルクルーズ」や「インディージョーンズ」をもっとハラハラドキドキさせたものって感じでしょうか。個人の意見ですが、すっごく楽しめると思います!

もう少し詳細を知りたいという方は、次の動画をご覧ください。

アトラクションの様子は 8:16~から

【グッズ】ドロイド・ライトセーバーも作れます

自分だけのオリジナルドロイド

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ ©Disney/Lucasfilm Ltd. © & ™ Lucasfilm Ltd.

「ドロイド・デポ」で自分だけのオリジナル・ドロイドを作成できます。

お値段は100$(約12,000円)です。

ドロイド・デポ

ベルトコンベアで流れてくるパーツから、好きなものを選べます。

ドロイド・デポ ドロイド・デポ

6種類のチップが存在し、それぞれで性格が異なります。

ドロイド・デポ

最後に全部組み立てて、完成です。

色合い・性格などを自分好みに作ることができます!

自分だけのオリジナルライトセーバー

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ ©Disney/Lucasfilm Ltd. © & ™ Lucasfilm Ltd.

「サヴィのワークショップ:ハンドビルト・ライトセーバー」では、念願の専用ライトセーバーを作ることができます。

お値段は1本200$(約22,000円)になります。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ ©Disney/Lucasfilm Ltd. © & ™ Lucasfilm Ltd.

ライトセーバーの柄(つか)から、些細なパーツまで選ぶことができます。

予約がオススメ

「オリジナルドロイド」「オリジナルライトセーバー」ともに、予約なしでも、当日作成することができます。

しかし、人気も高く、店内も大変混み合うので、長い時間待たされることもあるかもしれません。

不安な方は、ホームページで事前予約をしておきましょう。

【まとめ】日本では絶対に味わえません

スターウォーズが大好きな方には、一度は訪れてほしい場所です。

残念ながら、日本のディズニーランドはスペースが限られているため、スターウォーズの新エリアができるのは考えにくいです。

なお、カリフォルニア・ディズニーランドでは「スターウォーズ」とのコラボ。カリフォルニア・アドベンチャーでは「MARVEL」「ピクサー」とのコラボを味わえます。

アメリカならではのディズニーを、ぜひお楽しみください。


人気記事
仕事で差がつく自己投資術【デキる人・デキない人の違い】
人気記事
Amazon prime の学割がお得すぎる!メリット・デメリットをわかりやすく解説!

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow