テレビで話題沸騰中の英単語帳をチェックする【ベストセラー】

2019年、私大入試はもっと厳しくなるって知ってた?

2019年、私大入試はもっと厳しくなるって知ってた?

今回の記事では、2018年度の一般入試を振り返り、入試が厳格化された背景・理由を解説していきます。

2018年度の入試を振り返る

2018年度の私立大学一般入試は、まさに激戦でしたね。

「受かると思ったA判定の大学が落ちた。。。」
「滑り止めが決まらなかった。。。」
「補欠合格だったけど連絡がこない。。。」

このようなことが多発。これまでにない受験の年となりました。

私の学校でも、ことごとく受験で落ちてしまった生徒が何人も出てしまいました。私自身、相当責任を感じました。

なぜ、2018年度の大学入試(特に首都圏私大)はここまで厳しくなったのでしょうか?

私大に入りにくくなった理由はこちらです。

地方の活性化政策【入学者数が絞られた】

② 併願校を増やす生徒が増加【志願者数は増加している】

地方大学の活性化【入学者数が絞られた】

首都圏に集中した生徒を、地方へと分散することを狙いとした国の政策により、入学定員が厳格化している問題があります。

入学定員厳格化に至るまでの背景

やっぱり首都圏の大学ってだけで、魅力を感じる生徒が多いようでして。。。

地方にもいい大学がたくさんあるのですが、ここ数年で受験生が首都圏に集中してしまっており、地方大学の人気が下がってしまっています。

地方で就職することなんて、めったにありませんよね。
大半の学生は首都圏内で就職をおこないます。

そのため、地方の過疎化がどんどんと進んでいる問題があります。

結果、地方には人がどんどんと住み着かなくなり、今までそこで育っていた農産物が取れなくなったりするわけです。

地方の経済は、日本の経済にもつながるわけですから、首都圏さえ充実していればいいなどと考えてはいられないのです。

首都圏集中という問題を、地方分散で対策

この「地方が活気を失うこと」を抑制するために、文部科学省は大学の入学者数を絞る政策をとりました(大学が政策を守るように、厳しいペナルティを定めました)。

首都圏に集中した生徒を、地方に散らそうと考えたわけです。

これが要因となり、首都圏私大への入学者数が絞られ、倍率がぐんっと上がったのです。

※地方活性化の政策について、詳細を知りたい方は<地方創生に資する大学改革に向けて – 文部科学省>をご覧ください。

大学の規模によって「入学定員超過率」が変化

大学の規模は、小規模・中規模・大規模の3つに分けられています。それぞれの分類で、合格させられる上限人数(入学定員超過率)が違います。

(引用元:さいたま市北区宮原町の個別指導塾ウェイクアップ

見ての通りに、2018年度の入試では、大規模・中規模の大学で合格上限倍率が下がっていることがわかります。

大規模大学を例にとりあげますと。。。

今まで定員数の1・2倍までを入学させることができたのだが、2018年度では1・1倍までに絞られました。

これはどういうことでしょうか?

定員1万人の大学で言えば、今までは1万2000人の学生を合格させることができましたが、2018年度から1万1000人までに減ったことになります。

つまり、今までであれば合格していたはずの1000人の学生が、不合格になってしまったということになります。

「入学定員超過率」以上の合格を出せばペナルティ

仮に大学側が、「入学定員超過率」より1人でも多くの生徒を入学させてしまった場合、どうなるのでしょう?

ペナルティとして、国から与えられている助成金を全額カットされてしまいます

この助成金は、大学の運営費用の約10%にほどに値します。どの大学も、この助成金をカットされたくないわけです。

そのため、大学側は入学定員を厳格に守るようになったので、「厳しい大学入試」となってしまいました。

厳格化の理由①:
首都圏に集中した生徒を地方へと分散することを狙いとした国の政策により、入学定員が絞られている

② 併願校を増やす生徒が増加【志願者数は増加している】

次のグラフの太いピンクの線をご覧ください。過去5年の「一般入試志願者数」の推移です。


(引用元:旺文社 教育情報センター

私立大学の一般入試を志願した数は、4年連続で増加しています。
志願者数が増加している理由として次の要因が考えられます。

【志願者数が増加している要因】

  1. さまざまな入試方法が増え、併願で受験する生徒が増えた
  2. 他学部との併願
  3. 浪人を避ける傾向が強まった

さまざまな入試方法が増え、併願で受験する生徒が増えた

現在ではさまざまな入試方式が存在します。たとえば。。。

  • センター利用入試
  • 2教科型/3教科型入試
  • 全学部統一入試
  • 得意科目選択型入試
  • A方式/B方式/〇〇方式
  • 後期日程/3月入試
  • 外部検定試験活用入試 など

それぞれの入試方式で、条件や日程などが異なります。

この「日程が違う」というのがポイントなんです。
日程が被っていなければ、受験が可能ですよね。

つまり、1つの大学を何度も受験することが可能になったということです。

他学部との併願

大学によって、他の学部と併願をして受験すると受験料が割引されることがあります

おそらくは、大学側が運営資金を集めるために、より多くの学部を受けてもらおうと考えたためにできた制度だと思います。

以前よりも簡単に併願することができるようになったので、学部をまたがって受験する生徒が増えたわけです

浪人を避ける傾向が強まった

浪人を避けるために、安全策として大学を多めに受験したのではないか、と考えられています。

2021年度に、入試が変わると言われ続けています。大きく変わるのは「大学入学共通テスト」ですよね。

「今まで必死に勉強してきたことが、浪人してしまったら水の泡になるかもしれない」
そう考えただけで、入試が変わる前に大学に入っておきたいと考えるようになりますよね。

厳格化の理由②:
受験生1人当たりの志願数(受験する大学の数)が増加しているため、受験倍率の増加に繋がっている

「大学入学共通テスト」が導入されるきっかけは、高大接続改革とは?何が変わるのか、分かりやすく説明しますでまとめています。

Sponsored search

2019年度の入試はどうなる?どうするべき?

今年度の大学入試は、どうなるのでしょう?
おそらく、受験生は昨年度以上に「受験校を増やす」と思います。

結果、昨年度よりも少し難しくなると思います。

2019年度の入試に向けて

今年も「激戦」を避けることができないでしょう。

どうしても受かっておきたい。浪人は控えたい。という方へ。

ここからは、「激戦」に向けた対策を紹介します。

①地方の大学にも目を向ける

首都圏私大の人気は、なかなか下がらないと思います。

首都圏の大学だけの受験を考えるのではなく、地方の大学にも目を向けましょう。

自分のやりたいことができる大学は、首都圏外にだってあるはずです。

②入試方式・学部併願を利用する

志望する大学に、どのような入試方式があるのかを必ず調べておきましょう。

受験のチャンスは、多ければ多いほどいいです。

併願ができるのであれば、自分の入りたい学部以外にも目を向けるといいと思います。

③スケジューリングの徹底

いつ、どの大学の、どの入試方式で受験するか、スケジューリングしましょう。

志望大学の入試日程が被っていないかどうか、今から考えておく必要があります。

日程が重なっていなければ、何度も受験をすることができますが。。。試験を連続で受けるのであれば、3日までが限界だと思います。

連日試験を受けるのは、体力的に厳しいです。

慣れない土地で、緊張もしているでしょうから、想像以上に体力を削られますよ。

④過信をしない

過信せずに、自分の学力にあった大学を中心に受験を考えましょう。

次のように、受験する大学を偏差値で分けて考えるといいと思います。

  • 超挑戦校   1 校(自分の偏差値+5以上)
  • 挑戦校   1〜3校(自分の偏差値+3〜5)
  • 妥当校   1〜3校(自分の偏差値±1〜2)
  • 滑り止め校  2 校(自分の偏差値 3〜5)

金銭的に、多く受験することが不可能な場合は、1校ずつにしても良いかもしれませんね。

ただし、滑り止めは2校受けておきたいですね。

滑り止めの大学に合格していれば、メンタル的なアドバンテージを得ることができます。気兼ねなく高レベルの大学に挑戦できます。

受験で失敗しないために

成功に必要なのは、圧倒的に事前準備でして、スケジューリングを徹底しておこないましょう。

  • 試験の日程を調べたか。どのような日程か。試験会場はどこか。
  • 試験に向けて勉強を怠らなかったか。過去問対策をしているか。

スケジューリングなしに、受験の成功はありません。
首都圏私大の入学が困難になってきた今、どうやったら勝負ができるかを考えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でイングリッスを