【英検対策】ライティングの突破方法【必要なポイント4選】


英語検定では、3級から筆記試験でライティングが出題されます。

英検合格には、ライティングの突破が必要不可欠でして、しっかりと対策をしなければ高得点を狙いにくくなっています。

そこで今回は、「英検ライティングを突破するためのポイント」について紹介します。

◉こんな人に読んでほしい!
  • 英作文の書き方について知りたい
  • ライティング突破のポイントを知りたい
  • これからライティング対策を始めたい

なお、今回の内容はYouTubeでも解説しています。動画で確認したい方はコチラを参考にしてください。

本記事の内容
  1. TOPICをしっかり理解する
  2. マインドマップを作成する
  3. 主張の選択・構成の確認をする
  4. 型にはめて書く【序論-本論-結論の展開】

ライティングを突破するためには…

  • いきなり書き始めない
  • 構成・流れを考える
  • テンプレートにはめて書く

これが大切になります。では、ここから具体的な手順を解説します。

❶ TOPICをしっかり理解する

まずは、与えられたTOPICを熟読してください。 たとえばこの問題。

3級 TOPIC

What is your favorite season?

ちゃんと理解できますか?

3級なので「こんなの簡単!」と思った方も多いかもですが、1分は時間をかけてTopicとにらめっこしましょう!

時間をかける大切さ

英検ライティング では、Topicに沿っていない返答を書くと「大幅減点」or「0点」になります。

ライティングで「0点」を取った場合、不合格確定です。

また、急いで書き始めてしまうと、途中「書き直したい!」ってなった際に時間のロスにもつながってしまいます。焦らないことが一番です!

ちなみに、先ほどの例文はこんな意味になります。

日本語訳

あなたの好きな季節は何ですか?

理解できない単語が出てきた場合

Topicに、意味がわからない単語が出てきてしまった場合、次のように対応しましょう。

  • まずは知ってる単語の意味を書いてみる
  • 文脈で意味を推測する
  • カタカナ読みから推測する

先ほどの例文で言うと…

What is your favorite season?

この時、「あれ、seasonってなんだっけ…」となってしまった場合

What is your favorite season?
何? 〜は あなたの  好きな  ◯◯

こんな風に、周りの単語やフレーズに意味を書いてみましょう。そしてわからない単語は、基本カタカナ読みで対応してください。

「seasonってどう読むんだ…」
「シーゾン…ん、シーズン…?」

ここから意味を推測していけばOKです。

「シーズンオフとか、桜のシーズンって聞いたことあるな…」
「シーズンって…時期とか季節的な?」

うまくいけば、こんな感じですかね。

それでもわからない場合

仕方ないので、減点覚悟で書くしかないです。こうだろうなと思った内容で書いていきましょう。

❷ マインドマップの作成

英作文の構成は、英検3級でも英検1級でも、おおかた次のように決まっています。

序論︎ ➡︎ 本論 ➡︎ 結論

もっと具体的に言うとこんな感じです。

英作文の構成
「自分の考え・意見」➡︎「理由 ①」➡︎「理由 ②」➡︎「まとめ」

英検のライティングではどの級でも、主張をサポートする「理由」を2つ(もしくはそれ以上)書くことを求められます。

自分の意見を述べるのは簡単ですが、理由を2つ考えるのがすごく大変なんですよね…なのでこの2つの理由を考えるために、マインドマップの作成をしましょう!

作成方法・手順

マインドマップの作成
プリントの余白に、自分の主張を書きます。

マインドマップの作成
主張に関する理由を思いついただけ書きまくり、線でつなぎます。
(これをブレインストーミングと言います)
※この時、出てきたアイデアを否定しないでください!

終了です!

そんなに長くやっても効果は低めですので、目安は1〜2分程度ですかね。まぁ、だいたい1〜2分あれば出尽くしちゃうと思います。

❸ 主張の選択・構成の確認をする

主張の選択・構成の確認

ここでは、ブレインストーミングで出てきたアイデアを整理していきます。

この時、次の点を意識しましょう。

ポイント

① 強い主張を残す
② まとめられるものはグループ化する 
③ 書きたい内容より、書きやすい内容を選ぶ

例えばコチラの例

【主張】夏が好きです
【理由】かき氷が食べられるからです

うーん、確かにかき氷は夏の風物ですけど… 夏以外でも、食べようと思えばかき氷は食べられますよね😅 なので、あんまり強い意見ではないと思ったら、他の理由を選んだ方がいいと思います。

また、「海に行く」「キャンプに行く」は違うの意見のようですが、夏ならではの「活動」として1つにまとめられそうですよね。こうやってまとめられようなものは、グループ化していきましょう!

そもそも理由が少ない場合は?

主張の選択・構成の確認

いつもたくさん理由を思いつくとは限りませんよね。

理由が少ない場合は、次の点を意識しましょう。

① 書きやすい内容を2つ残す ② 自分の主張を強める

理由は2つあればいいので、少ないアイデアの中から書きやすいものを2つ絞りましょう。

主張の選択・構成の確認

次は、残った主張を強めていく作業です。 主張を強くするためには、反論を予想してみてください

先ほどの例ですが…

【主張】夏が好きです
【理由】かき氷が食べられるからです
【反論】別に夏以外でもかき氷食べられるじゃん!!

確かに、この反論はごもっともですな。 では、これならどうでしょう?

【主張】夏が好きです
【理由】気温が暑いと、かき氷が美味しく食べられるから!

少しはマシになりましたよね?

主張の選択・構成の確認

こんな風に、誰にも突っ込まれなくても済むように、理由に補足説明を加えていくと、主張が強まっていきますよ!

❹ 型にはめて書く【序論-本論-結論の展開】

何を書いていくかが絞れたら、最後は英作文の構成・流れに沿って書くだけです。

先ほども言ったとおり、英作文の構成は「序論」「本論」「結論」になります。具体的に言うと、次のとおりでしたね。

英作文の構成
「自分の考え・意見」➡︎「理由 ①」➡︎「理由 ②」➡︎「まとめ」

この流れを意識して、書き始めてください。

なお、3級・準2級のライティングに関しては、書き方のテンプレートを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。その他の級も、テンプレートができ次第紹介します。

あとはひたすら書きまくるだけ!

英作文は、書けば書くほど上達していきます!

初めのうちは、書き方に戸惑って時間がかかったり、思うように書けなかったりしますが、回数を重ねていけばスピードもあがっていきます。

自分なりの書き方も見つけられるはずですので、ぜひ英作文対策にトライしましょう!

ただ、間違った英文を書いてしまったり、英文法のルールを無視して書いてはあまり効果がありません。英文の語順(SV)、接続詞(FANBOYS)の使い方など、まだ不安だなという方は次の動画で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください☺️


人気記事
仕事で差がつく自己投資術【デキる人・デキない人の違い】
人気記事
Amazon prime の学割がお得すぎる!メリット・デメリットをわかりやすく解説!

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow