前置詞 throughのイメージと使い方【例文あり】

今回は、前置詞の「through」について勉強していきましょう!

本記事の内容
  1. 前置詞 throughのイメージ
  2. throughを使った例文
  3. throughを使った熟語・表現
  4. 前置詞の理解を深めたい方へ

前置詞 throughのイメージ

前置詞 throughのイメージ

throughの基本イメージは 「通り抜け」です。

意味は 「〜を通して」「〜中に」などになります。

through

イメージ:「通り抜け」
意味 :「〜を通して」「〜中に」

では、ここから例文を交えてそれぞれの意味を確認していきましょう。

throughを使った例文

通過・貫通

前置詞 throughのイメージ

トンネル状のものを突っ切っていくイメージが基本です。

This train is running through a tunnel.
この電車はトンネルを走り抜けています

She went through passport control.
彼女はパスポート審査を通過しました
He drove through a red light.
彼は赤信号を無視して車を走らせました

場所

端から端まで抜けていくイメージから、「〜中」「あちこちに」という意味に派生していきます。

His fame spread through the country.
彼の名声は国中に広がりました

We traveled through Hokkaido.
私たちは北海道をあちこち旅行しました

期間

時間の「始めから終わりまで」を抜けていくイメージです。意味は 「〜の間ずっと」となります。

I have to sit through this lecture.
この講義の間ずっと座ってなければいけません

My friends like to dance all through the night.
私の友達は一晩中踊り続けるのが好きです

経験・完了

過程・出来事などを抜けてくるイメージから、「経験して」「切り抜けて」「終えて」などの意味に派生します。

The family lived through the civil war.
その家族は内戦を生き延びました

She got through the entrance exam.
彼女は入試を突破しました

I’m halfway through the book.
私はその本を半分読み終えたところです

手段・媒介

「インターネットを通じて」のように使えば、「手段・媒介」の意味としても使えますね。意味は 「〜を通じて」「〜によって」となります。

I met John through my English teacher.
英語の先生を通してジョンと知り合いました

The politician spoke through an interpreter.
その政治家は通訳を介して話していました

throughを使った熟語・表現

V + through
  • be through「恋愛関係が終わる」
  • break through 「困難を乗り越える、現れる」
  • carry through 「実行する、実現する」
  • fall through 「失敗に終わる、ムダにする」
  • kick through 「全額支払う」
  • sleep through 「眠り続ける」
  • win through 「勝ち進む」
V + through + A
  • breeze through A 「Aを難なくやってのける」
  • come through A 「Aを切り抜ける」
  • flick through A 「Aをさっと読む、速読する」
  • get through A 「Aを乗り切る、合格する」
  • go through A 「Aを経験する、受ける」
  • live through A 「Aを生き抜く、経験する」
  • look through A 「Aにさっと目を通す」
  • pass through A 「Aを経験する、通り過ぎる」
  • run through A 「Aをざっと調べる」
  • see through A 「Aを見透かす、見抜く」
  • show through A 「Aを通して透けて見える」
  • slip through A 「Aから漏れてしまう」
  • wade through A 「Aを読む、処理する」

前置詞の理解を深めたい方へ

英語学習者にとって、前置詞って結構厄介モノですよね。

意味は文によって変わりますし、前置詞が絡む熟語って無数もあります。

前置詞をマスターする上で大切なのは、意味を覚えることではなく「イメージ」を理解することです

前置詞をイメージで覚えられる参考書がありますので、ぜひこれらを手にとってみてください。間違いなく英語学習の助けになります。

【例文引用・参考】
  • ウィズダム英和辞典(第3版)
  • ウィズダム和英辞典(第2版)

イングリッス.comは現役の英語教師が発信する教育教育メディアです