前置詞 ofのイメージと使い方【例文あり】

今回は、前置詞の「of」について勉強していきましょう!

本記事の内容
  1. 前置詞 ofのイメージ
  2. ofを使った例文
  3. ofを使った熟語・表現
  4. 前置詞の理解を深めたい方へ

前置詞 ofのイメージ

前置詞 ofのイメージ

of の基本イメージは 「関連」「分離」です。

意味は基本的に 「〜の」となります。

of

イメージ:「関連」「分離」
意味 :「〜の」

基本イメージの「関連」と「分離」は全く違うように感じますが、イラストのピザのように、ピザが切り取られたとしてもお互いに「ピザ」という関連性を持っていますよね

このイメージからさまざまな意味に分かれていきます。

では、ここから例文を交えてそれぞれの意味を確認していきましょう。

ofを使った例文

「部分(A)」と「全体(B)」(B のなかの A)

ピザのイラストのように、of は 「全体のなかの一部」を示すときに使います。

【構成】部分(A) of 全体(B)
Could you pass me a slice of pizza?
ピザを 1 枚 (かけら)取ってもらえますか?

He is a member of baseball team.
彼は野球チーム一員です

このイメージから次のように派生していきます。

「所有」「所属」(B のもの)

先ほどの表現を「誰か(人)のなかの一部」として考えると、意味が「所有」「所属」に派生します。

He is one of my friends. (=He is a friend of mine.)
彼は私友達です

What was the name of the person?
あの人名前って何だったっけ?

「内容」(B についての A)

基本イメージ「関連」は、「内容」を詳細に述べるときにぴったり合いますね。

a map of the world  [世界地図]
a photo of my wife  [妻写真]

「性質」(B という性質を持つ A)

「内容」の用法から派生して、次のように人・物の「性質・性格」に関連している際にも用いられます。

a man of courage      [勇敢人]
an issue of importance [重要問題]

ちなみに、「of + 抽象名詞=形容詞」という文法はここからきています。

The man is of courage. (= The man is courageous.)
その男性は勇敢

The issue is of importance. (= The issue is important.)
その問題は重要です

「材料」(A は B でできている)

ある物の「性質」にフォーカスを向けると、その物が何でできているのかが見えてきますね。of は「材料」を表す際にも用いられます。

a house made of wood   [木造家]
a plate (made) of glass   [ガラス皿]

※木から切り離された(分離)木材で、家が建てられたとも解釈できます。

「分離」「除去」(B から離れている/切り離す)

最後は基本イメージの1つでもある「分離」がメインになります。

ある位置と分離していれば「離れる」となりますし、所有物が人から分離していけば「奪う」という意味になります。

My town is 20 kilometers north of Tokyo.
私の町は東京から 20 キロ北に離れています

The man robbed her of her bag.
その男は彼女からバッグを奪いました

S + V + A + of + B

of の基本イメージは「関連」「分離」ですね。

余談ですが、「S + V + A + of + B」のような文の並びになると、その文の意味は次の2パターンに分かれます。

【構文】S + V + A + of + B
【意味】❶「関連」・・・A に B を知らせる
    ❷「分離」・・・A から B を切り離す

❶ I informed the police of the accident.
私は警察にその事故について知らせました・・・【関連】

❷ The man robbed her of her bag.
S V A 分離 B
その男は彼女からバッグを奪いました・・・【分離】

of を使った熟語・表現

  • best of all「最も良いことは」
  • first of all「何よりもの先に」
  • on behalf of ~「~の代理で」
  • one of them「それらのうちの1つ・1 人」
  • the age of ~「~歳という年齢」
  • the idea of ~「~という考え」

数量表現

  • a spoonful of sugar「砂糖1杯」
  • a cup of tea「紅茶1杯」
  • a glass of wine「ワイン1杯」
  • a bowl of soup「スープ1杯」
  • a piece of cake「ケーキ1つ」
  • a sheet of paper「紙 1 枚」
  • a slice of bread「パン1枚」
  • a loaf of bread「パン 1 斤」
  • a lot of ~「たくさんの~」
  • a number of ~「たくさんの~」
  • the number of ~「~の数」

be 〇〇 of ~

  • be afraid of ~「~を恐れている」
  • be aware of ~「~に気づいている」
  • be bereft of ~「~を奪われた、失った」
  • be fond of ~「~が大好きである」
  • be proud of ~「~を誇りに思う」
  • be scared of ~「~をこわがる」
  • be sick of ~「~にうんざりしている」
  • be sure of ~「~を確信している」

前置詞の理解を深めたい方へ

英語学習者にとって、前置詞って結構厄介モノですよね。

意味は文によって変わりますし、前置詞が絡む熟語って無数もあります。

前置詞をマスターする上で大切なのは、意味を覚えることではなく「イメージ」を理解することです

前置詞をイメージで覚えられる参考書がありますので、ぜひこれらを手にとってみてください。間違いなく英語学習の助けになります。

【例文引用・参考】
  • ウィズダム英和辞典(第3版)
  • ウィズダム和英辞典(第2版)

イングリッス.comは現役の英語教師が発信する教育教育メディアです