【臨時休校の現場を救う】無料オンラインサービスを提供してくれる「EdTech企業」【まとめ】


コロナウイルスの影響により、当面学校が臨時休校となりました。今後の教育が心配されますね。

そんな中、臨時休校に直面している生徒・教員を救うべく、さまざまなEdTech企業が無償サービスを実施しています。

現場の教員としては、これは超嬉しいサービスです!

そこで今回は、臨時休校中に無償でオンライン教育を提供してくれる「EdTech企業」をまとめてみました。個人・学校での申し込みを、ぜひ検討してみてください。

本記事の内容
  1. 個人向け 無料オンライン教育一覧
  2. 学校向け 無料オンライン教育一覧
  3. 個人・学校向け 無料オンライン教育一覧

❶個人向け 無料オンライン教育一覧

①株式会社 トモノカイ

EdTech株式会社トモノカイ

自宅学習で、質問や相談ができない子どもたちのために「学習メンターによるLINE学習相談」を無償で実施。

②探究学舎

EdTech探究学舎

歴史・宇宙・元素・ロボット・建築・金融・経済など、子どもたちの興味が広がる授業を独自に制作し、YouTubeのライブ配信で配信。

  • 無料 (3月2日~3月20日までの平日10:30~12:00)
  • 対象【小・中・高】
    詳細はコチラ

③株式会社 ドワンゴ

EdTech株式会社ドワンゴ

N高で導入しているオンライン学習アプリ「N予備校」を全ての方に無償で提供し、オンライン授業を無料開放。

④株式会社 Study Valley

EdTech株式会社StudyValley

小学生向け学習サービス「アンカー」を無料提供。学校のテストや宿題の写真をアップロードし、AIが苦手な分野を特定。一人ひとりにあった授業動画や練習問題を提供します。

  • 無料 (3月初旬~3月末予定)
  • 対象【小学2・3・4年生】
    詳細はコチラ

⑤Z会グループ

EdTechZ会グループ

さまざまなジャンルで活躍する人の講義を受けることができるZ会Asteriaの「探究学習」を、YouTubeで一部無料公開。

⑥ワンダーラボ株式会社

EdTechワンダーラボ株式会社

スマホアプリ「Think!Think!(シンクシンク)」を無料提供。150か国・延べ100万ユーザーに利用されている、5-10歳向けの思考力育成アプリ。

⑦Z会グループ・株式会社葵

EdTech株式会社葵

オンライン学習塾「アオイゼミ」で閲覧可能な授業動画を、期間限定で無料開放。

❷学校向け 無料オンライン教育一覧

①株式会社 城南進学研究社

EdTech株式会社城南進学研究社

個別指導の城南コベッツで使用している、スマホやタブレットで使えるオンライン演習システム「デキタス・コミュ」の提供。

  • 無料 (利用開始から1ヶ月間)
  • 対象【小学5年〜高校3年】
    詳細はコチラ

②Zoom

EdTechZoom

遠隔会議、遠隔セミナー、遠隔授業向けクラウドビデオ会議サービス。これで、オンラインで授業することが可能になりそうですね。

③株式会社 コードタクト

EdTech株式会社コードタクト

授業支援システム「schoolTakt」を未導入の学校に対し、「schoolTakt」を期間限定で無償提供。

④Classi株式会社

EdTech Classi株式会社

教育プラットフォーム「Classi(クラッシー)」を未導入の学校に対し、機能限定版を無償提供。

⑤Google

EdTech Google

⑴ デジタル学習教材を利用できる環境にない子どもたちに、LTE端末を無償で貸出。

⑵ 「G Suiteサービス」を無償で利用できる「G Suiteアカウント」を臨時発行。教育と学習のために作られた最高水準の生産性向上ツールセットを無料提供。

さすがのグーグル。対応が段違いです。

⑥株式会社 Libry

EdTech 株式会社Libry

スマートに学べる問題集「リブリー」を一部無償提供。既存の教科書や問題集をデジタル化し、生徒一人ひとりの学習履歴に基づいた個別最適化学習ができる「デジタル教材」。

⑦株式会社 すらら

EdTech株式会社すらら

インターネット環境とパソコンまたはタブレットがあればいつでもどこでも学習できる特長を持つ「すらら」のIDを全国の国公私立 小・中・高校 先着50校に対し、3月31日まで無償提供。

⑧Institution for a Global Society

Institution for a Global Society

学校向けオンライン英語学習プラットフォーム「e-Spire」を無償提供。

⑨まなびポケット

まなびポケット

提供している教材コンテンツを無償提供。

❸個人・学校向け 無料オンライン教育一覧

①tanQ株式会社

EdTech tanQ株式会社

オンラインイベントが無料で受けられるサービス。

②株式会社 cinra

EdTech株式会社cinra

Inspire High(インスパイア・ハイ)を無料提供。アーティストやビジネスリーダー、研究者など、第一線で活躍し、自分の人生を楽しむ様々な大人から、自分の世界を広げるインスピレーションをもらうオンラインラーニングコミュニティ。

  • 無料 (3月14日まで/学校経由の場合1ヶ月)
  • 対象【13~19歳向け】
    詳細はコチラ

これからは「教育×ICT」の時代

ICTの発展によって、本格的にどこでも教育が受けられるようになってきましたね。生徒は、自宅にいながらでも学習することが可能になりつつあります。

私たち教員も、これからはオンラインでの授業展開を視野に入れないといけないのかもしれませんね。

個人的には、YouTubeで動画配信をしならが授業したい、って考えています。

なお、今回の非常時につきまして、各々の技術力・教育コンテンツを無償で提供してくださった多くのEdTech企業の方々に、深くお礼申し上げます。

本当にありがとうございます。


人気記事
仕事で差がつく自己投資術【デキる人・デキない人の違い】
人気記事
Amazon prime の学割がお得すぎる!メリット・デメリットをわかりやすく解説!

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow