【留学先紹介】アメリカ・カリフォルニア州は最高です


「アメリカのカリフォルニアに留学したいなぁ…」
「天候・食生活・治安など、いろいろ知りたいなぁ…」
「現地の様子はどんな感じかなぁ…」

このような疑問に答えます。

私は大学時代、アメリカ・カリフォルニア州にある大学へ留学にいきました。

そのときの経験を一言で表すと 「超最高」でした!

今回は、私が経験した「カリフォルニア留学の素晴らしさ」についてお伝えします。

本記事の内容
  1. カリフォルニア州の観光名所
  2. 過ごしやすい気候【ずっと住んでいたい】
  3. カリフォルニアの食事
  4. カリフォルニアの治安
  5. 雰囲気が変わるエリアには行くべからず【ワシントン DC の話】
  6. まとめ:カリフォルニア留学【やっぱり最高】

カリフォルニア州の観光名所

まずは下の動画をどうぞ。カリフォルニア州の雰囲気を感じてみてください。

過ごしやすい気候【ずっと住んでいたい】

カリフォルニアの天気について3行の箇条書きで紹介します。

カリフォルニアの天気
  1. 基本は「乾燥」、じめじめ感ゼロ!
  2. 夏でも涼しく、冬でも暖かい!
  3. 雨が降らず、ほぼ毎日が快晴!

カリフォルニアの気候・・・地中海気候・砂漠気候・亜寒帯気候と様々!

カリフォルニア州は日本列島と同じくらいの大きさです。

基本はどこへ行っても乾燥していますが、訪れる場所によって微妙な気候の変化を楽しむことができます。

夏は涼しく、冬は暖かい

乾燥しているので湿気はゼロ!

夏は、暑くてもじめじめした暑さは全くありません。40 度を超えることもありますが、日陰に入れば涼しいです。

冬は、朝と夜は寒いですが、日中は半袖でも過ごせるほど暖かくなります

私は、カリフォルニア滞在中に汗をかくことはほとんどありませんでした。むしろ上着も常に持ってたほど!本当に最高な毎日でした!

9割が快晴!雨もほぼ降りません

ほぼ毎日が快晴です。

雲が空を覆うことがほとんどありません。朝頃に雲がかかってたとしても、昼頃には快晴になります。

雨はほとんど降りませんが、11月〜3月は雨季になるので少しばかり雨が降ります。

雨が降らない →  蚊がいない

嬉しいことに、カリフォルニアでは蚊と遭遇することがありません。

私は、留学中に蚊を見たことがありません!毎日、窓を開けながら涼しい風を感じながら寝ていました。

蚊に悩まされる日々から解放され、本当に幸せな毎日でした!

ずっと住んでいたい

カリフォルニアでは、日本と全く違う気候を楽しむことができます。そして何よりも、じめじめしてなくて過ごしやすい!出かける際に、天気を気にする必要もなくなるし、雨だから突然の予定変更ってこともありません!

カリフォルニアに行き、ずっと住んでいたいと思える気候をぜひ味わってください!

カリフォルニアの食事

「食べ物が口に合うかどうか心配」っていう方もいると思いますが、カリフォルニア留学では心配無用!

理由を3つ挙げます。

カリフォルニアの食事
  1. アメリカ独特の食事を楽しめる!
  2. 他国の食事をいつでも食べれる:日本食もすぐに手に入ります!
  3. アメリカと日本の融合した食文化も味わえる!

様々な人たちが暮らす → 食事も豊富で美味しいものばかり

カリフォルニア州は移民の方々が多く、国際色がとても豊かです。そのため食文化もさまざまです。

ファストフード店は多かったです。脂っこいですが美味しいものばかりで、アメリカならではの食べ物も楽しめます。

レストランもたくさんあります。特にメキシコ料理・中華料理・ベトナム料理が多いですが、当然日本料理も食べれるので、食に関しては心配無用!

日本食専用のスーパーもあります。輸入品なので少し高価になりますが、どうしても日本食が食べたくなった場合はそういったお店を利用しましょう。

新しい食文化を楽しめる!

カリフォルニアでは、食文化の融合を味わえます。

寿司屋が多くあり、そこでは新しい寿司スタイル(カリフォルニアロール)を楽しむことができます。

巻き寿司の中にいろんな食材が入っていて、「こんなの寿司じゃない!」と感じる方もいるかもしれませんが、意外においしいです!騙されたと思って食べてみてください。

カリフォルニアの治安

治安も比較的安全【毎晩、出歩けました】

私が滞在していた場所は、穏やかな街で、夜に一人で出歩いても安心でした。

もちろん危険な場所もありますが、日本人が思っているほどアメリカは危険な場所ではありません。

安全に過ごすには?

留学先でより安全に過ごすための秘訣を3行で説明します。

安全に過ごす3つの秘訣
  1. 現地の住人に行ってはいけない場所を聞く
  2. SNS などを利用して事前に調べる
  3. 雰囲気がいつもと違うエリアには自分から踏み入らない

友人に一人で出歩くなと言われた危険な街

現地の人が「行くな!」という場所は、近づかない方が無難です。

ある日、カリフォルニアの友人と一緒に「オークランド」と「ストックトン」という街に訪れました。普通の街並みで、安全そうな場所に思えましたが、「この地域は一人で絶対に出歩くな」と言われました。

事前に調べよう!安全な街・危険な街

アメリカで最も安全な街・危険な街

アメリカで最も安全な街トップ 100のうちから、ベスト 10 をご紹介します。

安全な街ベスト10

1位・・・リッチフィールド(コネチカット州)
2位・・・バーゲンフィールド(ニュージャージー州)
3位・・・フランクリン(マサチューセッツ州)
4位・・・レキシントン(マサチューセッツ州)
5位・・・シュルズベリー(マサチューセッツ州)
6位・・・ジオンズビル(インディアナ州)
7位・・・バッファローグローブ(イリノイ州)
8位・・・ウェストン(フロリダ州)
9位・・・レイク・イン・ザ・ヒルズ(イリノイ州)
10位・・・ビレリカ(マサチューセッツ州)

続いて、アメリカで最も危険な街トップ 100のうちから、ワースト 10 の紹介です。

安全な街ワースト10

1位・・・モンロー(ルイジアナ州)
2位・・・ベッセマー(アラバマ州)
3位・・・イーストセントルイス(イリノイ州)
4位・・・キャムデン(ニュージャージー州)
5位・・・デトロイト(ミシガン州)
6位・・・セントルイス(ミズーリ州)
7位・・・ウィルミントン(デラウェア州)
8位・・・アレクサンドリア(ルイジアナ州)
9位・・・メンフィス(テネシー州)
10位・・・ウエストメンフィス(アーカンソー州)

私が訪れたカリフォルニア州は、安全な街ベスト10、危険な街ワースト10にはランクインしていないようです。

悪くもなく、良くもなくといったところでしょうか。さらに詳しく見てみましょう。

カルフォルニア州の安全な街・危険な街

カリフォルニア州の安全な街・危険な街は100位以内にランクインしています。それぞれ見てみましょう。

カリフォルニア州の安全な街

18位・・・ランチョサンタマルガリータ
52位・・・アリソビエホ
66位・・・ムーアパーク
74位・・・ダンビル
81位・・・レイクフォレスト
84位・・・サラトガ
90位・・・ポーウェイ
91位・・・ランチョーパロスベルデス
95位・・・ミッションビエホ
98位・・・フォスターシティ

カリフォルニア州の危険な街

18位・・・サンバーナーディーノ
27位・・・オークランド
28位・・・ストックトン
47位・・・コンプトン
77位・・・モデスト
94位・・・リッチモンド

なんと、友人から忠告を受けていた「オークランド」「ストックトン」がまさかのランクイン!(本当にあそこって危なかったんですね。。。)

ここで挙げられている街を訪れる際には、最新の注意を払う必要があるかもしれません。

雰囲気が変わるエリアには行くべからず【ワシントン DC の話】

私がワシントン DC を訪れた際、一人で夜な夜な街を散歩しながら観光をしました。ワシントン DC は、危険な街ランキングでワースト 41 位です。

それでも、人が多くいる場所や街灯で照らされている場所は、安全だと感じました。

道を何本か挟んだ先のエリアから、明らかに雰囲気が違う場所があるのがわかります。人通りが少なく、薄暗い感じです。そういった場所はできるだけ行かないようにしましょう。

危険察知で事前に回避

日本でも、通い慣れている道が、突如通り魔事件の現場になることだってあります。どれだけ安全だと言われていても、実際には何が起きるかわかりません。

大切なのは、自分に危険察知能力を備えているかどうかです。「この場所はなんかまずそうだな」と感じれるか!そういった場所に無闇に足を踏み入れなければ、よっぽどなことがない限り、危険な目にはあいません!

まとめ:カリフォルニア留学【やっぱり最高】

気候も食事も最高。

治安に関しても、心配しすぎることはありません。一度訪れれば、きっとあなたも好きになること間違いありません!

私は留学を通してカリフォルニアが大好きになってしまったので、また訪れたいと思います。

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow

イングリッス.comは現役の英語教師が発信する教育教育メディアです