【教室の掃除】ワックスがけで床をピカピカにしよう【方法・注意点】


先日、このようなツイートをしました。

1年間使った教室を次の学年に渡す前に、教室をピカピカにして渡してあげたいですよね。

今回は、「教室の床をワックスがけする方法」について、紹介します。

◉こんな人に読んでほしい!
  • ワックスがけをしたい人
  • 初めてワックスがけをする人
  • 教室をピカピカにしたい人

ちなみに、教室の床は、大きく分けると2パターンがあります。

①ビニル系の床 教室の床ワックスがけ方法

②木の床 教室の床ワックスがけ方法

本記事の内容
  1. ビニル系床のワックスがけ【ポイント】
  2. 木の床のワックスがけ【ポイント】
  3. ワックスがけの頻度
  4. ワックスがけの意味
  5. まとめ

❶ ビニル系床のワックスがけ【ポイント】

教室の床ワックスがけ方法

手順・用意するものはコチラ。

手順

① 教室のハキ掃除
② ハクリザイを塗る
③ ポリッシャーをかける
④ ハクリザイを拭き取る
⑤ ワックスがけ

用意するもの

① ハキ用モップ
② バケツ
③ 水切り
④ ハクリザイ(剥離剤)
⑤ ゴム手袋
⑥ ポリッシャー
⑦ 雑巾(数枚)
⑧ 床ワックス
⑨ ワックス用モップ

それぞれ詳しく解説します。

① 教室のハキ掃除

教室の床ワックスがけ方法

所要時間:10分

教室内の物を全て外に出したら、まずはハキ掃除から始めましょう。

モップがあると、早めにゴミを集められて便利です!

床にゴミが残っていると、残骸がワックスで固められてしまいます

※ワックスがけで化石化した1本の髪の毛 教室の床ワックスがけ方法

こうなると、簡単には取れません。

完成した時に、できるだけキレイな床にしたいですから、ハキ掃除から抜かりなくやりましょう!

② ハクリザイを塗る

教室の床ワックスがけ方法

所要時間:20〜30分

ハクリザイを塗る作業です。

ハクリザイとは、教室に塗られているワックスや汚れを落とす液体です。 教室の床ワックスがけ方法

原液を水で薄めて使います。薄める割合は、裏面の注意事項をしっかりと読んでください。 教室の床ワックスがけ方法

希釈水を作ったら、床に満遍なく塗ります。 教室の床ワックスがけ方法 教室の床ワックスがけ方法

私の場合、「希釈水を撒く➡︎水切りで伸ばす」ようにしましたが、モップを使って丁寧に伸ばした方がいいかもしれません。

また、希釈水でも地肌に触れると危険ですので、素手ではなく「ゴム手袋」を着用して作業をすることをオススメします。

塗り終わったら、30分から1時間放置して、汚れが落ちるのを待ちましょう。

③ ポリッシャーをかける

教室の床ワックスがけ方法

所要時間:30~40分

床磨きの達人!ポリッシャーさんの出番です。

ポリッシャーを初めて使う人は、必ず次の注意事項を読んでから使ってください!!

ポリッシャーを使う時の注意事項
  • 電源コードを差す前に、本体がOFFか必ず確認する
  • 両手で操作する
  • 前に倒す➡︎右に移動、下に倒す➡︎左に移動
  • 電源コードを巻き込まないように注意する

このポリッシャー、かなりの暴れん坊です。床を強く磨く分、パワーが半端ないです。

本体がONの状態で電源コードを差すと、フルパワーで回転を始めて人に危害を加えるので、マジで危険です。

しかも、油断していると、電源コードが絡まってしまうので注意してください。 教室の床ワックスがけ方法

床の汚れをこすってとるつもりで、ゆっくりとポリッシャーを操作していきましょう。

④ ハクリザイを拭き取る

教室の床ワックスがけ方法

所要時間:1~2時間

ポリッシャー後は、ハクリザイを素早く拭き取りましょう。

水切りで汚水を集め、雑巾で拭き取ると早いかもしれません。 教室の床ワックスがけ方法

拭き取り作業を怠ると、汚れの上からワックスをかけることになり、余計床を汚してしまうので注意です。

また、ポリッシャーでは落ちなかった汚れも… 教室の床ワックスがけ方法

拭き取り中に、雑巾でこするとよく取れます。 教室の床ワックスがけ方法

⑤ ワックスがけ

教室の床ワックスがけ方法

所要時間:40〜50分

床が乾いたら、ワックスをかけましょう。

教室を8分割すると、比較的キレイに塗っていけると思います。

教室床用ワックス

ワックスはコチラを使います。 教室の床ワックスがけ方法

だいたい、バケツ1/3の量で教室全体を塗れます。

塗り方

自分の好みでOKです。私はこんな感じで塗りました。

① モップにワックスを染み込ませる

教室の床ワックスがけ方法

たっぷり染み込ませてOKです。

② 1度塗るエリアを大きく1往復

教室の床ワックスがけ方法 教室の床ワックスがけ方法

モップを床に馴染ませましょう。

③ 細かく1往復ずつ

教室の床ワックスがけ方法 教室の床ワックスがけ方法

モップを使って、ムラなく塗り伸ばしていきましょう。

これで、床のワックスがけは完璧です!

注意点①:ワックスの量

1回に塗るワックスが多すぎると、塗りにムラが出てしまいます。 教室の床ワックスがけ方法

多すぎず・少なすぎずを心がけましょう。

1回目で、キレイにワックスが塗れなかったら、乾いた後にもう一回塗るのもOKです。私も、基本ワックスは2回かけます。

注意点②:モップ跡がないように

モップを往復させる瞬間… 教室の床ワックスがけ方法

このように、モップの跡が残ってしまいます。 教室の床ワックスがけ方法

仕上がったときにはあんまり気になりませんが、できるだけ跡が残らないよう塗っていきたいですね。 教室の床ワックスがけ方法

注意点③:必ずハクリザイ・ポリッシャーを使うこと!

教員の中には、ハクリザイやポリッシャーを使わず、床を水拭きした後にすぐワックスがけをする人がいますが…

それでは汚れは全部落ちませんし、汚い床の上からワックスをかけることになり、余計床を汚してしまいます

① ハクリザイで汚れを浮かす
② ポリッシャーでこすって落とす

確かにこの作業は面倒ですが、床をピカピカにするには絶対必要です。

横着せずに、頑張ってください。

❷ 木の床のワックスがけ【ポイント】

教室の床ワックスがけ方法

手順・用意するものはコチラ。

手順

① 教室のハキ掃除
② 教室の雑巾がけ
③ ワックスがけ

用意するもの

① ハキ用モップ / 掃除機
② 雑巾(数枚)
③ バケツ
④ 木床用ワックス
⑤ ワックス用モップ

ハクリザイ&ポリッシャーの作業がない分、ビニル系床のワックスがけより比較的楽です。

① 教室のハキ掃除

教室の床ワックスがけ方法

所用時間:30分

こちらも同様、教室内の物を全て外に出したら、ハキ掃除をしましょう。

ですが、木の床では、板の間にゴミがはさまっていることが多い。モップよりも、掃除機を使ってゴミを吸った方がキレイになるでしょう

② 教室の雑巾がけ

所用時間:30分

濡れ雑巾で、床全体をキレイに拭きあげましょう。

③ ワックスがけ

教室の床ワックスがけ方法

所用時間:30分

床が乾いたら、全体をワックスがけしましょう。

木床のワックスは、色付き(茶色)のものが多いので、間違えないようにきをつけてください。

これで完成! こっちの方が楽チンです!

ワックスがけの頻度

定期的に実施しましょう。

学期に1回はできるといいですね。 ただ、すごく手間がかかるのでなかなかそうもいきません。

最低でも年に1回はワックスがけをしましょう

1人でやるのが大変なら、生徒と一緒にワックスがけしてもいいかもですね。

ワックスがけの意味

手間がかかって面倒ではありますが…

① 床のコンディションを保つ
② 生徒にキレイな環境で過ごしてもらう

ワックスがけをしないと、床がどんどん痛んでいきます。

床が汚れてくすんでいけば、教室の雰囲気も悪くなります。映える床は、生徒の心にも影響を与えますので、過ごしやすい環境を作る意味もあります。

まとめ:教室を引き継ぐ前までに必ずワックスがけ!

費用の関係上、教室の環境を整備するために、お金をかけることはあんまりできません。

業者にお願いすれば早いし、仕上がりの質も高いので、それに越したことはないのですが…なかなかそういうわけにもいきませんよね。

自分たちでできるだけのことをして、教室の環境をキレイに保っていきましょう。

次の先生・生徒に気持ちうよく使ってもらうために、教室を明け渡す前は必ず清掃しましょうね!


人気記事
仕事で差がつく自己投資術【デキる人・デキない人の違い】
人気記事
Amazon prime の学割がお得すぎる!メリット・デメリットをわかりやすく解説!

\この記事が気に入ったらシェア/

WRITTEN BY

Follow