アメリカの祝日【1年間の日数は10日】

アメリカの祝日はいつなのか、その祝日にどのような意味が込められているかを紹介します。アメリカに留学や旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

アメリカの祝日カレンダー

2019年のアメリカの祝日のまとめ

祝日 日本語訳 日付
New Year’s Day 新年 1月1日
Birthday of Martin Luther King, Jr. キング牧師記念日 1月21日
Washington’s Birthday 大統領の日 2月18日
Memorial Day 戦没将兵追悼記念日 5月27日
Independence Day 独立記念日 7月4日
Labor Day 労働者の日 9月2日
Columbus Day コロンブス・デー 10月14日
Veterans Day 復員軍人の日 11月11日
Thanksgiving Day 感謝祭 11月28日
Christmas Day クリスマス 12月25日

祭日が土日にあたる場合、土曜日の祝日は金曜日に、日曜日の祝日は月曜日に振り替えられます。

祝日の日数

アメリカの祝日は1年で10日あります。これに、州や都市が定める祝日が加わり、だいたい10〜15日くらいになります。

州や都市に違いがあります

アメリカの祝日で学校や仕事が休みになるかどうかは、それぞれの州や学校、会社に委ねられていることがあり、祝日が休みにならないことがあります。

また、州が定める祝日(State Holidays)や、都市が定める祝日(City Holidays)などもあります。日本にも、県民の日という似たようなシステムがありますね(一部の都道府県では、県民の日という祝日を設けています)。

きちんと休みになる祝日

10日ある祝日のうち、実際に学校や会社が休みになるのは次の6つくらいです。

  • New Year’s Day
  • Memorial Day
  • Independence Day
  • Labor Day
  • Thanksgiving Day
  • Christmas Day

アメリカの祝日は少ない?

日本の場合、国民の祝日は1年間に15日あります。アメリカの場合、1年間に10日なので、日本と比べると少ないと言えるでしょう。

実際には、アメリカの祝日が少ないのではなく、世界的に見ると日本が多いようです。他国の祝日は、JETRO(日本貿易振興機構)のサイトから確認できます。

Sponsored search

祝日の概要

New Year’s Day(新年)

New Year’s Dayは新年のことで、毎年1月1日が祝日となります。

Birthday of Martin Luther King, Jr.(キング牧師記念日)

Birthday of Martin Luther King, Jr.はキング牧師記念日のことで、毎年1月の第3月曜日が祝日となります。

黒人の公民権運動の指導者で、黒人の人種差別撤廃のために活動したキング牧師の功績を讃える祝日です。教養として、キング牧師のスピーチは一度見ておきましょう。

Washington’s Birthday(大統領の日)

Washington’s Birthdayは大統領の日のことで、毎年2月の第3月曜日が祝日となります。

名前の通り、2月22日生まれの初代大統領ワシントンを記念する日です。

Memorial Day(戦没将兵追悼記念日)

Memorial Dayは戦没将兵追悼記念日のことで、毎年5月の最終月曜日が祝日となります。

戦没した将兵を追悼、つまり戦争で亡くなった軍人を追悼するための日がMemorial Dayです。

Independence Day(独立記念日)

Independence Dayは独立記念日のことで、毎年7月4日が祝日となります。

1776年7月4日、イギリスによって統治されていた13の植民地が独立宣言を発布しました。この、独立宣言を記念した日が、Independence Dayです。

Labor Day(労働者の日)

Labor Dayは労働者の日のことで、毎年9月の第1月曜日が祝日となります。

働く男性と女性に敬意を表する日が、Labor Dayです。

しかし、だいたいの学校はLabor Dayの翌日から新学期が始まるため、現在Labor Dayは”夏の終わり”の意味合いが強いようです。”今年最後の夏を思いっきり楽しむ日”のような位置付けになっています。

Columbus Day(コロンブス・デー)

Columbus Dayはコロンブス・デーのことで、毎年10月の第2月曜日が祝日となります。

1492年のコロンブスのアメリカ大陸到着を、祝うための日がColumbus Dayです。

いくつかの州や都市では、Columbus DayをIndigenous Peoples Day(先住民の日)と言い換えているところがあります。これは、コロンブスがアメリカに到達した際に、先住民に対する虐殺などを踏まえて、祝日とは呼べない(=祝えない)という考えによるものです。

Veterans Day(復員軍人の日)

Veterans Dayは復員軍人の日のことで、毎年11月11日が祝日となります。第一次世界大戦(World War Ⅰ)を終結させた、休戦条約の締結記念日でもあります。

復員軍人とは、戦時体制が解かれ、戦争から(あるいは戦争に関わる仕事から)戻ってきた軍人のことです。Veterans Dayは、そのような戦争に従事した軍人全員に感謝し、称えるための日です。

Memorial Dayは戦争中に亡くなった軍人に感謝し称える日であり、Veterans Dayは戦争に務めた軍人全員に感謝し称える日だという、両者の違いを間違えないようにしましょう。

Thanksgiving Day(感謝祭)

Thanksgiving Dayは感謝祭のことで、毎年11月の第4木曜日が祝日となります。

イギリスからマサチューセッツ州に移住したPilgrim Fathers(清教徒)の最初の収穫を記念する日です。1620年の移住時、彼らは102名いましたが、厳しい冬を乗り越えられず、翌年には53名になってしまいました。

しかし、彼らは原住民からトウモロコシの栽培方法などを教えてもらい、何とか生き延びることができました。そこで先住民を招待し、1621年の秋の収穫を神に感謝して祈ったことが、感謝祭の始まりとされています。

現在は家族の絆を確かめ合う位置付けとなっており、七面鳥やかぼちゃのパイで食卓を囲むのが一般的です。

Christmas Day(クリスマス)

Christmas Dayはクリスマスのことで、毎年12月25日が祝日となります。

イエス・キリストの誕生を祝う祭が、Christmas Dayです。

Sponsored search

その他、イベント

Halloween(ハロウィーン)

毎年10月31日に行われるお祭りです。

かぼちゃをくり抜いてランタンを作ったり、子どもたちがお化けに仮装して、近所の家からお菓子をもらう風習です。

Black Friday(ブラックフライデー)

Thanksgiving Day(感謝祭)の翌日がBlack Fridayです。毎年11月の第4金曜日です。

Black Fridayとは、お店が大安売りをする1年に1度のスーパーセール日のことです。このBlack Fridayから年末セールが始まります。そのセールのことをBlack Friday Saleと呼びます。

Cyber Monday(サイバーマンデー)

Thanksgiving Day(感謝祭)明けの、月曜日がCyber Mondayです。

Thanksgiving Day明けの月曜日は、ネット上の売り上げが急増することからCyber Mondayと呼ぶそうです。アマゾンなどのネットショッピングサイトは、この日にCyber Monday Saleを実施しています。

Easter(イースター:復活祭)

Easter(復活祭)とは、十字架に架けられて亡くなったはずのイエスが、3日目に復活したことを記念する祭です。

キリスト教においては、Christmas DayよりもEasterの方が重要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でイングリッスを